ワンピース考察 モモの助が叫んだ「スナッチ」とは?ワノ国の秘密の掛け声!?

ワンピースは単行本92巻が発売されており、相変わらず読み応えがあって面白かったです。

今回は、934話を読んだ上で気になって点をもう一つ考察してみたいと思います。

Sponsored Link

934話でモモの助が叫んでいた掛け声について

出典:https://onepiece-consideration.com/onepiece-934/

モモの助がワニガメの上で、素振りをしていた時に発してした「スナッチ」という掛け声に対して、お菊は「モモの助様が使うのに相応しくない言葉」として使用するのを禁じます。

何でも「九里」に昔から伝わる古い方言の掛け声だそうです。

そこで、この「スナッチ」という言葉の意味から気になる点がありましたので考察してみたいと思います。

「スナッチ」とはどんな意味?

出典:https://jumpmatome2ch.biz/archives/108873

まず「スナッチ」の意味は、誘拐する・強奪する・掴む・しがみつくと言った動詞の他に、誘拐・拉致・重量挙げのスナッチと言った名詞の意味もあるようです。

しかし、いずれの意味もあまり良い意味ではないので、お菊はその意味を知っているため、大名家の跡取りであるモモの助が使うのにふさわしくないから禁じた可能性は高いです。

そして、以前キンエモンの話で、おでん様が九里にやってくるまでは、九里の土地は荒れ果てた治安の悪い地域だったと言っています。

と言った意味を繋げると、お菊がモモの助に「スナッチ」という言葉を使用することを禁じた理由は納得できます。



Sponsored Link

なぜゾロが「スナッチ」を知っているのか

出典:https://battle-one.com/

モモの助は、ゾロから「スナッチ」という掛け声を教えてもらったと言っています。

しかし、九里で昔から伝わる方言を、なぜゾロが知っていたのかについては疑問が残ります。

ただ、3.4に発売されたワンピース92巻のSBSに気になる記述がありました。

それが、フランキーが弟子入りしていた大工の源(ミナモト)さんですが、実はワンピースの序盤で登場しております。

イーストブルーの壊れた酒場の扉を直した人物として紹介されていましたが、なぜワノ国のいるのか疑問でした。

しかし、SBSによると、イーストブルーの壊れた酒場の扉を直したミナモトさんとワノ国のミナモトさんは血縁関係はあるものの別人と書いてあります。

そして、数十年前にワノ国の船がイーストブルーに到着したことがあると書かれています。

更に、その時の子孫が読者も良く知る人物らしいのですが…ここまでしかSBSの質問の回答は書かれていません。

しかし、ワノ国の船がイーストブルーに到着していたのであれば、その子孫たちがワノ国の方言である「スナッチ」を伝えた可能性はかなり高いです。

なので、ゾロが知っていたという理由に繋がると思います。

まとめ

ワノ国の船でイーストブルーに到着した人物に関しては謎のままですが、少なくともワノ国の情報や方言などは多少なりともイーストブルーには伝わっているということです。

その謎の人物がいずれワノ国編に関わってくるとしたら、かなり年月の掛かった伏線だと思います。

本編に登場するかは分かりませんが、その辺りの謎も少しずつ回収されていくと思いますので、楽しみです。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る