ワンピース考察 ワノ国1の花魁「小紫は死んだのか!?」

小紫の素性がだんだんと明かされていますが、934話から気になる点を考察していきたいと思います。

Sponsored Link

小紫は本当に死亡したのか

出典:https://manga-netabare-kanso.com/


933話のオロチ城での宴の会場で、狂死郎に斬られてしまい、934話では死亡したと瓦版に報じられた小紫。

ワノ国の国民も、なぜか一度しか見ていないサンジも号泣し悲しんでいるシーンが描かれています。

あれだけの美人さんで、ワノ国のカリスマ的存在なので、そりゃ大々的に報じられますよね。

しかし、小紫が本当に死んでしまったのかについて、かなり疑問が残ります。

その理由として大きく分けて3つあります。

一つ目の理由

出典:https://onepiece-consideration.com/onepiece929-spoiler/


一つ目の理由としては、尾田先生は美女を書く際に悩みに悩んでハンコックの時もシラホシの時も登場させており、小紫に関してもかなり悩んで描いているとSBSか何かで話していました。

そんな悩みに悩んだ美女をそう簡単に死なせるような設定にするだろうか?

と言う疑問です。

しかも、小紫はまだまだ素性も分からない謎の多い人物です。

そんな苦労して書いた小紫を簡単にフェードアウトするとは考えにくいです。

なので、後々何らかの形で出てきそうな気がしてならないからです。

二つ目の理由

出典:https://cogito-ergosum.com/2018/12/22/onepiece-928

2つ目が、小紫が着ている花魁の衣装は何十にも着物を重ねてきているため、実は着物の内側にプロテクターのような保護出来るものを着用できる可能性があります。

そして、小紫は花魁と言う職業上、男からの恨みを持たれており、自分の命が狙われる危険を重々承知しているはずです。

そんな小紫が自分を守るための対策を施していないとは考えにくいからです。

つまり、本当は死んでいないが、逆さ三日月の紙を持っていたため、小紫程の有名人が表だって反乱の意思を表明してしまっては動きにくいはずです。

そこで、表上は死んだことにして隠密に行動し始める可能性はあるかなと考えたからです。

しかし、ここで障害となってくるのが、小紫を斬った狂死郎なので、小紫と狂死郎の本当の関係性も明らかになっていないため、小紫は当分は登場してこないのではないかと思います。



Sponsored Link

三つ目の理由

出典:https://xn--w8jtkjf8c570x.com/?p=52229

3つ目の理由は、ちょっと強引な気もしますが、モモの助の母上のトキ様は「トキトキの能力」で未来へ行くことが出来ます。

未来へ行く能力があるなら、過去へ戻れる能力があってもおかしくないかなと思ったからです。

もちろんトキ様自身の能力は「未来へ行く」限定の能力ではあるかもしれませんが、小紫が何らかの経緯で過去に遡れる能力を手にしていれば、あり得ない話でもないかなと思いました。

しかし、光月家と小紫との関係性は、未だ不明ではありますし、小紫の詳しい素性も出てきていないので今は何とも言えません。

あくまでも、憶測の範囲ではありますが、過去に遡ることが出来れば、自分の死を無かったことに出来るのではないかと思います。

まとめ

小紫は死んだことになっているので少しの間は、ワンピースには登場してこないのではないかと思います。

けれど、小紫はワノ国編のキーパーソンではありそうなので、何らかの形で再び登場してくれると信じて、また休載明けの連載を楽しみにしたいと思います。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る