ワンピースあらすじ考察 ワノ国で新たな刀!?ゾロの活躍に期待!!

ワノ国ではハートの海賊団も登場し、麦わら海賊団の集結も近いように思われます。

ワンピースの作者である尾田栄一郎氏いわく、2017年はサンジイヤーとのこと。

ワノ国編は、尾田氏も力を入れていると発言していることから、これまでの話よりも長くなることは間違いなし! 

新旧何人ものキャラが集まっていることからも、ワノ国編が大きな物語となることは疑いようもありません。

ワノ国と言えば、侍。侍といえば、剣士。剣士と言えば、ゾロ!

ということで、ワノ国編ではゾロを中心に物語が動く……とまではいかなくても、ゾロが何かしらの活躍をすることは期待が出来ます。

ワノ国編がはじまってすぐに、二代鬼徹が登場したことからも、ゾロがワノ国でパワーアップすると考えられます。

そこで今回は、ゾロがワノ国でどのような変化・活躍をしていくのか、考えていきたいと思います!

Sponsored Link

ゾロの刀のパワーアップ!!

二代鬼徹の登場により、刀のパワーアップがなされるであろうことは間違いないでしょう。

現在のゾロの刀は以下のようになります。

・和同一文字(大業物)

・三代鬼徹(業物)

・秋水(大業物)

ここで、三代鬼徹から、その上位に位置する二代鬼徹へ持ち変えることが予想されます。

三代鬼徹は飛徹に返すのかもしれません。

そうなると、ゾロが持つ刀は大業物が2本に、業物が一本になります。

しかし、ここで気になるのは秋水の行方です。

秋水は元々ワノ国の所有物だったところを、思うと、秋水はワノ国に返却するという可能性も高いのです。

そうなると、刀が一本足りません。そこで考えられるのは、新たな刀を手に入れること。

ワノ国には、飛徹をはじめとした刀鍛冶は数多くいることと思います。

もしかすると、ゾロ用の刀を一本作ってくれるかもしれないのです!

そう考えると、ワクワクしませんか?

例えば、初代飛徹、みたいにですね。

ゾロの刀の変わりゆくさまを見るのも、とても楽しみです。



Sponsored Link

将軍“オロチ”をゾロが討伐!

ジャックをはじめとする百獣海賊団の面々は、ゾウの国や制圧されたワノ国のこともあるので、ミンク族と光月一族を中心に討伐する可能性が高いように思います(ぺポの故郷として、ハートの海賊団が戦闘する可能性も大ありですね)。

“最悪の世代”の海賊たちに関しては、麦わら海賊団も戦闘するかもしれないですけどね。

百獣海賊団と手を組んだ侍として名前が登場しているのがワノ国の将軍である“オロチ”です。将軍ということから、かなりの強さを備えた人物であることが想定できます。

ずばり、このオロチを討ち取るのがゾロであると考えます!

皆さんご存知の通り、ゾロの目標は“世界一の大剣豪”です。ワノ国の大勢力ともいえる将軍と戦わずして、“世界一”を名乗る訳にはいかないでしょう。

将軍を一人討ち取ることで、ワノ国に“剣豪”ゾロ十郎の名前が語り継がれる展開とかも、ありそうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ワノ国に上陸したルフィが最初に合流した仲間がゾロであるということを考えてもゾロの活躍はとっても期待できるところ。

ワノ国編は、ゾロを中心に読んでいくのもよさそうですね!


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る