ワンピースあらすじ考察 ワノ国と“最悪の世代”の海賊たち

ワノ国編に突入してから続々と登場する新キャラ、及び懐かしの面々。

どれ程の長丁場でワノ国編を収集させていくのか、楽しさは増すばかり!

今回は、ワノ国編で登場する多くの“最悪の世代”の海賊たちについて考察をしていきたいと思います。

Sponsored Link

ワノ国に登場する最悪の世代

“最悪の世代”の海賊たちについて簡単にまとめると、次のようになります。

・“麦わら”モンキー・D・ルフィ

・“海賊狩り”ロロノア・ゾロ

・カポネ“ギャング”ベッジ

・“大喰らい”ジュエリー・ボニー

・“魔術師”バジル・ホーキンス

・“キャプテン”ユースタス・キッド

・“音鳴り”スクラッチメン・アプー

・“赤旗”X・ドレーク

・“海僧”ウルージ

・“殺戮武人”キラー

・“死の外科医”トラファルガー・ロー

上の11人が、2年前のシャボンディ諸島に上陸した11人の超新星です。これに黒ひげを加えた12人が“最悪の世代”の海賊と呼ばれています。

その内、現在ワノ国に存在していると判明しているのが、

・ルフィ

・ゾロ

・ロー(麦わら海賊団&ハートの海賊団の同盟)

 

・キッド(牢獄)

・ホーキンス(カイドウの傘下)

・アプー(カイドウの傘下)

(キッド海賊団&ホーキンス海賊団&オンエア海賊団の同盟)

 

・ドレーク(カイドウの傘下)

 

以上の7名になります。

関連記事:「最悪の世代」まとめ

ルフィとローに関しては「打倒!カイドウ」「ワノ国の救出」ということで目的は判明しています。

ドレークに関しては、まだ謎の多き人物ではありますが、自らカイドウの傘下に下ったことが分かっています。

そこで今回は、運悪くカイドウに遭遇してしまった、キッド・ホーキンス・アプーの3名についての考察と今後の展開について予測していきたいと思います。



Sponsored Link

ホーキンス&アプー

ホーキンスとアプーの2人は、キッドと海賊同盟を組んでいました。しかし、不幸にも同盟の拠点にカイドウが落下してきます。

以後、その描写は描かれていませんでしたが、徐々に3人の動向も明らかになってきました。

ホーキンスとアプーの2人は、カイドウの傘下(一味)として活動がしていることが判明しています。

出典:http://inutomo11.com/archives/10797736.html

アプーの仲間については、まだ分かりませんが、カイドウの一味“早害”のジャックがゾウにやられてしまった時、カイドウに連絡を取っているアプーらしき人物が確認されています。

912話でホーキンスが「このワノ国では、強い者に従うか逃げ続けるか」というようなことを言っていました。

つまり、カイドウと遭遇した後、ホーキンスとアプーの2人は早々に軍門に下ったと考えてよいでしょう。

ホーキンスに関しては仲間の姿も見られ、海賊団ごとカイドウの一味になったのでしょう。

ベッジのように、裏切りを画策しているとすれば、2人の株もあがるのですが、なんのもくろみもなく、敗北を恐れ傘下についているのだと考えると、少し残念です。

「強い者に従うか逃げ続けるか」という2択で、“今は”カイドウの下についていると考えるのであれば、ホーキンスは今後ルフィたちの下につくことも考えられますが、それも何だか情けない気もしますね(笑)

キッド

出典:http://jumpsokuhou.com/archives/48344080.html

キッドは一人、ボロボロになってカイドウの拠点の牢獄に幽閉されています。

どうやら、カイドウに挑んで敗北したものとみられます。キラーを含んだ仲間の所在は不明です。

もしかしたら、キッドは仲間を逃がすために、一人カイドウに挑んだのかもしれません。

いずれにしても、ホーキンスとアプーがカイドウの下についたことを考えると、唯一人カイドウに立ち向かったキッドには、なにか信念めいたものを感じますね。

ルフィとも気が合いそうです。

関連記事:四皇カイドウに敗北!ユースタス・キャプテン・キッドの現在は?!

まとめ -今後の展開について-

今後、“最悪の世代”の海賊たちが一人の脱落せずに物語が進むとは思えません。

ワノ国編で、数名が脱落すると考えていいと思います。

ワンピースの世界では、自分の信念も貫く海賊が、読者の目に輝くように、活躍するように描かれている気もします。

つまり今回、早々にカイドウの軍門に下ったアプーとホーキンスが脱落する線が濃厚なように思われます。

それとは逆に、今回唯一立ち向かったキッドには、少しばかり活躍してほしいところです。

また、ロー・ルフィ・キッドの共闘が見られるかもしれませんね。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 7月 30日

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る