ワンピース 第914話「おこぼれ町」あらすじ ネタバレ考察

お玉が毒に侵され、それを治すために向かった先にはおこぼれ町と呼ばれる町の茶屋です。

ワノ国にはいった途端に事件ばかり起こすルフィたちの今後おはどうなっていくのでしょう。

Sponsored Link

お玉の治療、そして誘拐!?

お玉の治療のために、お菊が薬草を煎じるところで、その薬草―邪含草を飲んで回復したお玉の描写からはじまります。

邪含草は特効薬のようで、それを飲んだお玉はすぐに回復したのです。

お礼にということで、ホーキンスの釘で傷ついてしまったゾロの治療をするお菊。

どうやら、長身のようでゾロよりも一回りは背の高い女性です。

そして、なんとお菊の一人称は拙者、どうやら彼女(看板“娘”と書いていたのでおそらく)は侍のようです。

そして、回復したお玉に「川の水は飲むんじゃないよ」と忠告しながら、お汁粉をわたすお玉。

それを美味しそうに食べるお玉を見て涙ぐむお鶴。

どうやら、現在オロチが独占している農場は桃色農園といって、元々は光月おでんが九里の人々のために作ったものであるということ。

“オロチが食を牛耳るためのものじゃない”

とお鶴がオロチについてグチををこぼしたところで、突然の矢。

ゾロが受け止めて事なきを得ますが、その間にお玉は攫われてしまいます。

狛犬に乗って後を追うお菊、ルフィ、ゾロの3人

そして、騒ぎの匂いを察知したロー! 

今回も怒涛の展開でした!

各所について、簡単に考察してみましょう!

お菊は侍!

今回判明したことの中で一番の驚きだったのが、お菊が侍だったということですね。

お鶴もお菊が剣を使っているところを見たことがない、ということなのでその実力は定かではありません。

猛者の集う“役人街”に躊躇いもなく向かったことを考えると、自分の実力に自信を持っているのではないかと考えられます。

持ち出した剣は一本なので一刀流であることには間違いありません。

女剣士というと、くいなやたしぎの姿が頭をよぎります。

お菊が、男性をも圧倒する実力であるのであれば、くいなの「女だから」という苦悩に対する答えになるのかもしれませんね。

お菊の剣術に対するゾロの反応が楽しみです。



Sponsored Link

役人街の三人の“真打ち”

役人街には、

・ホーキンス

・スピード

・ホールデム

この3人の真打ちがいるそうです。

真打ちとは、元々落語の用語のようで、身分の高い落語家のことを指し示す言葉のようです。

何日ものダメージもあるとは言え、サンジに瞬殺されたシープスヘッドとホーキンスが同じ真打ちであることを考えると、その実力はピンキリだと思われます。

スピードとホールデムがトランプ用語(シープスヘッドも)であることを考えると、トランプに関連する名称を持つキャラが、元々百獣海賊団の一員であった海賊なのかもしれませんね。

役人街での戦闘

役人街にはローの率いるハートの海賊団も参戦することが考えられます。

ルフィ、ゾロ、ロー、ホーキンスと、“最悪の世代”の海賊たちが一同に会するのは、シャボンディ以来のことですね~。

これに加えてお菊の戦闘が見られることも予測できます。

早くもワノ国の将軍と百獣海賊団とルフィたちはぶつかる事になりそうですね。

ルフィとホーキンスの「最悪の世代」同士の対決はこれまでなかった事なので、どんな展開になるのでしょうか。

まとめ

どのような振り分けで、百獣海賊団の面々と戦闘するのか、楽しみでありませんね。

次号を待ちましょう!


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る