ワンピース 第913話「鶴の恩返し」あらすじ ネタバレ考察

バジル・ホーキンスが今回登場するにあたって、期待の高まった回だったのではないでしょうか。

戦闘の描写はわずかでしたが、ホーキンスの戦闘描写が見られただけでも、今後の展開の予想が膨らみましたね!

ホーキンスの戦闘だけでなく新キャラや新展開の予測が立て易い回となりました。

Sponsored Link

ルフィ&ゾロVSバジル・ホーキンス

2年前にシャボンディ諸島に上陸した“最悪の世代”の海賊たちでも一際異彩を放っていたのが“魔術師”バジル・ホーキンスでした。

遂に”最悪の世代”の海賊同士による戦闘を観ることが出来ます。

部下がゾロ&ルフィに襲い掛かるも、二人にとってはなんの脅威にもなり得ません。

隙をついたゾロがホーキンスに斬撃を飛ばし、見事に直撃します。

が、そう簡単にはいきません。ホーキンスはゾロから受けたダメージを部下に移してしまいます。

……シャボンディ諸島の時は外部の人間でしたが、部下の人間を藁人形にしてるんですね。果たしてこれで部下がついてくるのかどうか……

ホーキンスの能力が“ワラワラ”の実であるこが明らかになりました。

藁人形のことは“ストローマン”と呼んでいるそうです。部下の“ストローマン”を体内に仕込んでいるんですね。

お玉の体調が一層悪くなったため、ホーキンスとの本格的な戦闘は避け、ルフィとゾロの2人は医者のいる町へと急ぎます。

そしてなんと、ゾロの助けた女「お鶴」こそがお玉の病を治してくれる鍵を握っていたのでした。

「お鶴」の働く茶屋へ駆け込むルフィとゾロですが、その2人を遠くから眺める「ハートの海賊団」の面々!



Sponsored Link

ハートの海賊団クルーの登場で、ローも登場!?

ラストで登場したのは「ハートの海賊団」

「ハートの海賊団」といえば“死の外科医”トラファルガー・ローですよね。

ルフィとゾロの様子を見たぺポたちの後ろには、ローが潜んでいると思います。

次回は、ローが登場し、お玉の治療をする、という展開になるのではないでしょうか。

病人を抱えた段階で「ハートの海賊団」が登場したのですから、その程度のことに関しては期待しています。

ホーキンスの言っていた“助け”というのは、ローを含むハートの海賊団のことだったのでしょう。

“最悪の世代”の2人を真正面から相手にするのを避けていたホーキンスですから、ローまで加わると分かったからには、追いかける訳にはいきませんよね。

さて、ローが登場したことにより、今回のワノ国編においても、ルフィ&ローの海賊団の共闘が見える可能性が高まってきました。

ホーキンスは最早カイドウの配下……となると、ドレークとアプーの2人も、ベッジのように暗殺を目論むでもなく、ただの部下となってる可能性が高いと考えられます。

つまり、今後の展開として、ルフィ&ローの海賊団VSホーキンス&アプー&ドレークの海賊団の戦闘が見られるのではないでしょうか!

そしてそこに囚われのキッドが加わるとなると、ルフィ側につくことはほとんど間違いないでしょう!

“最悪の世代”の勢力図がどのように変化していくのか、見ものです!

まとめ

「ハートの海賊団」が物語のラストで登場したのがミソでした。

ルフィ&ローの海賊団VSホーキンス&アプー&ドレークの海賊団の戦闘が行われるのではないかと期待は高まるばかりです。

そして、ルフィ&ローの側にキッドが加わると考えると、興奮は高まるばかりです。

“最悪の世代”の勢力図に対しても関心は高まるばかりです。

次週の展開を待ちましょう!


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る