ワンピース 第909話「切腹」あらすじ ネタバレ考察

ついに始まった世界会議、909話では各国の王たちによる熱い討論が繰り広げられるのかと思いきや……なんと! 

このタイミングでワノ国編が始まってしまいました、おそるべし尾田栄一郎! おそるべしワンピース!

ということで、まずは909話で何が起こったのか、簡単にまとめていきましょう。

Sponsored Link

マルコは白ひげの故郷で町医者をしている

ネコマムシがマルコの滞留している町を訪れている場面から始まります。

黒ひげ海賊団と白ひげ海賊団との間に起こった「落とし前戦争」の後、マルコは白ひげの故郷である町で医者として活躍(?)していたのでした。

なんと、あれだけの戦闘力を誇りながらも、マルコは医者だったんですねえ~

なんて万能な男なのでしょうか!

白ひげ海賊団の残党を狙うウィーブルの事を考慮して、マルコはその町を離れられないようですね~ 

マルコ目当てで来たウィーブルとミスバッキンが、町に危害を加えないとは限りませんものね。

ちなみに今回明らかになったのですが、実はウィーブルの母親のミスバッキンは元海賊で、白ひげの船にも30年近く前に乗船していたようです。

けれど白ひげの息子かどうかは、マルコにも分からないようですね。こちらも、今後の展開に期待です。

ワノ国の麦わら一味!

ゾウを後にして麦わらの一味は、ホールケーキアイランドへ向かう一行とワノ国へと向かう一行とに分かれました。

侍たちを除いて、ワノ国に向かったのは、ゾロ、ウソップ、ロビン、フランキーの4人。

侍と共にワノ国へと入国した4人は残りの一味の到着を待ってから動き始めることに決めていたようです。

というのもワノ国の将軍である「黒炭オロチ」(初出情報です!)を始め、ワノ国の役人の全員にカイドウの息が吹きかかっているため、派手に動き始めてしまうと、たちまちカイドウの耳に入ってしまうから、ということでした。

流石にたったの4人でカイドウに臨むのは得策ではありませんからね。

そういった理由から、ワノ国のメンバーは一味が揃うまではワノ国の住人に扮しておとなしくやり過ごすことに決めたのです。



Sponsored Link

切腹!!!

フランキーは大工として、ウソップは油売り、ロビンは芸者、そしてゾロは浪人としてですね。

しかし、物事そう簡単には進みません。ゾロが辻切りとして捕まってしまいます。

そしてその罪を問われたゾロは、切腹を言い渡されるのです。タイトルの「切腹」は、ここからきているんですね。

さて、切腹をしろと命じられて「はい、わかりました」と切腹をしてしまっては物語も進みません。

切腹をしろと言われて切腹刀を渡されたゾロは、手渡された切腹刀で切腹を命じた役人を切り倒してしまいます。

ゾロ「血の匂いがするぞ・・・お前・・・犯人だろ」

ゾロいわく、切腹を命じた役人こそが辻切りの犯人だというのです!

さて、これでもう、騒ぎになるのは間違いありません。カイドウが動き出すのか、はたまたワノ国の将軍「黒炭オロチ」が動き出すのか、展開を見守っていきましょう!

まとめ ― ワノ国編と世界会議

今日までの展開を見るに、ワノ国編と世界会議は同時に進行していくのでしょうか。

もしかしたら、ワノ国が世界政府に加盟していない理由なども明らかになってくるのかもしれませんね。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る