ワンピース 第907話「虚の玉座」あらすじ ネタバレ考察

ワンピースの908話が公開されました。

今週のワンピースは激熱でしたね。怒涛の展開です。

今後の展開に大きく動きがありそうな人物も多く登場した今回から、今後の展開を考察していきたいと思います。

Sponsored Link

あらすじまとめ

幾つかの新情報が明らかになったので、まずは簡単にまとめてみたいと思います。

 

1.魚人島に漂着した天竜人ミョスガルドの性はドン・キホーテ

→魚人島、オトヒメに恩義を感じている

 

2.カイドウはッビッグマムに借りがある

→この件には「ロックス」が関与していて、ガープが英雄と呼ばれる所以が隠れている

3.ガープが「海軍の英雄」と呼ばれるる理由でもある海賊「ロックス」

→船長を失っても活動をしている

4.シャンクスはマリージョアの5老星と会合している。

→「ある海賊」についての話

 

さて、ここで注目したいのは、2〜4の項目です。(1に関しても、と~っても興味深いですが、これまた別件にて)

共通して登場するのが「ロックス」という名前の海賊。

カイドウ、ビッグマム、ガープに関係する海賊。

そしてシャンクスが5老星に語る「ある海賊」。

この文脈で登場するということは、「ある海賊」=ロックス、である可能性は非情に高いです。

そこで今回は、今後注目されるであろう「ロックス」について考察を進めていきたいと思います。

ロックスは元・四皇!?

ロックスは元・四皇だったのではないかという説が浮上しています。

ガープのセリフの中に以下の発言があります。

ガープ「ロジャーの前は間違いなくやつらの世代じゃった」

なるほど、 「ロックス」はどうやら、ある一つの時代を代表する海賊だったらしい。

つまり、「ロックス」はロジャーの前に海賊王に最も近かった男と言えるのではないでしょうか。

なんてったって、「白鬚」が王座の前に君臨していた、という位ですから、「ロックス」はその王座に座ろうと目論んでいた海賊だと言えます。

発言を元に考えると、白鬚よりも海賊王に近い男だったと言えるでしょう。

つまり彼は海賊王になる一歩手前の海賊、四皇だった訳です。



Sponsored Link

ロックスはカイドウ・ビッグマムで同盟を組んでいた!?

ロックスについて気になると言えば、ビッグマムにカイドウ、ガープが関係しているということ。そしてビッグマムの意味深なセリフ

ビッグマム「お前おれにでかいかりがあるよねカイドウ」
カイドウ「昔のはなしさ」
ビッグマム「いや、一生の恩さ」
(中略)
ビッグマム「仲良くいこうぜ、昔みたいに・・・!!!」

このセリフから見て、カイドウはビッグマムに大きな借りがあり、昔は仲よくしていた、ということが分かります。

そしてこのコマの後に来るガープとヒナの会話。

どうやらガープが「海軍の英雄」と呼ばれる所以がロックス」という海賊と関係しているということ。

それに加えて、「船長が不在」というヒナのセリフから考えると、どうやらノックスは何者かに打ち取られたとと考えられるのではないでしょうか。

「海軍の英雄」と呼ばれるからには、ガープは海軍を救ったのに違いありません。

ここで考えられるのは、ビッグマム・カイドウ・そしてノックスの3人が同盟を組んでいたということ。

そして、その首謀者はロックス。

ガープはロックスを捉えて、カイドウを仕留めようとしたところ、ビッグマムの助けを借りて命からがら脱出した・・・

このエピソードがしっくりくるのではないでしょうか。

ビッグマム・カイドウ・ロックスの海賊同盟を破ったのがガープ、ということです。

まとめ 「ロックス」という海賊の今後について

ガープの話からすると、どうやらロックスの海賊団は生き延びて着々と力を蓄えているそうです。
それから、最後のシャンクス。

彼の話す「ある海賊」の話。元・四皇であるロックスが復活を間近にしている、という報告かもしれません。世界の均衡が、あっという間に崩れてしまいそうです・・・

もしかすると、ロックスの存命を物語る話なのかもしれません。

今後、四皇に加えて、復活したロックス海賊団。

それから「最悪の世代」の海賊たち。

彼らがどのようにして関わり合い戦闘を繰り広げていくのか、見ものです!!


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る