ワンピース 第895話「海賊ルフィVS将星カタクリ」あらすじ ネタバレ考察

ルフィとビッグ・マム海賊団の将星カタクリの戦いはいよいよクライマックスに迫っています。

ルフィは強敵カタクリを打ち倒して仲間たちと合流できるのでしょうか。

Sponsored Link

海賊ルフィVS将星カタクリ

未来の行動が読めてしまうカタクリの能力に、さすがのルフィもなす術なしかと思いきや、自身の能力をアップさせるギア4で、新たなる形態「スネイクマン」に。

スピードを重視したスタイルと、建物の構造を利用し、ルフィ自身の意思とは連動しないスネイクマンでの攻撃は、カタクリも先読み不可能だった。

攻撃は最大の防御と言わんばかりに、次々と大技を繰り出していくルフィとカタクリ。

防御を捨てた攻撃の連続に、お互いに体力を削っていきます。

戦いの度に新たな進化を見せるルフィは、この力でカタクリを倒し、サンジを救い出すことはできるのか!?

両者の体力は共に限界、激闘の末、勝利を手にするのは果たしてどちらか…いよいよ決着か!?




Sponsored Link

今後の展開予測と考察

ルフィだけでなく仲間たちもそうなのですが、「いつの間に編み出したんだ!?」という技が戦うたびに登場して、強くなることに限界はないなぁといつも驚かされます。

ギアが2、3、4とどんどんパワーアップしていったときも毎回「また強くなるの!?今度はどんな力!?」とワクワクしていました。

以前、尾田先生がコミックの質問コーナーで

「ルフィは考えていることをモノグロームにしない」というのをおっしゃっていて、

「考える前にからだが動くルフィには先読みなんて意味ないんじゃない?」と最初は思っていたのですが、さすがに無心で戦える状況ではないということなんですね。

もしくは、数え切れない戦いを重ねることで、がむしゃらに使いまくるだけだった能力を、「工夫して使う」ということをルフィも身に着けてきたという成長の現われなのかもしれません。

攻撃を防御としてぶつけ合う戦いは今までも何度もありましたが、自分のパワーが相手より勝っているという確信がなければ余計ダメージを受けてしまうので、やっぱりルフィは自信に満ちていて勇敢ですよね。

この気持ちがあるからこそ、ルフィはどこまでも強くなる、ルフィなら大丈夫と思えますよね。

しかし、ルフィもカタクリもかなりボロボロの状態、そろそろ決着が着くのではないでしょうか。

カタクリが立ち上がれずにそのまま戦闘終了か、再びカタクリが立ち上がってしまうのか。

スネイクマンの力をもっと見たい気持ちもありますが、ルフィの体力の限界を考えると、1対1での戦闘をこれ以上続けるのは厳しいかと思います。

仲間達との出会いのストーリーや名シーンがピックアップされて再度映像化されているワンピース、今回も激闘の末に感動が待っているのではないかと今から心の準備をしてしまいます。

まとめ

1週間お休みからのクライマックス、期待が高まりますね。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る