ワンピースあらすじ考察 ワノ国の花魁小紫の正体はやはり…

今週発売のワンピースでは、遂にモモの助の妹「光月日和」が登場します。

そこで、早速ワンピース938話を読んでみて気になった点を考察してみたいと思います。

Sponsored Link

意外と出番の多いトの康

出典:http://shinumae-ranking.pancake.bz/wordpress/onepiece938

938話で、ローとしのぶが揉めている中に突然えびす町のトの康が姿を現します。

そして、しのぶの事を「しのぶちゃん」、カン十郎の事を「カン十郎君」と呼んでいるため、顔なじみなのは間違いないと思います。

ただ、20年経った現代でも「しのぶちゃん」・「カン十郎君」呼びということは、20年前の時点でしのぶやカン十郎よりは年上で、光月家とも繋がりがあった人物なのかな?と思いました。

また、他の記事を読んでいたらオトコちゃんの親族?父親?ではないかという説も囁かれていますが、確かに見た目は何となく似ています。

が、それだけでは決定打に足りていない気がします。

しかし、トの康は間違いなく光月家側の人間であり、反乱の意思を持っている人物であることには間違いなさそうです。

実は、ひょうじぃことヒョウ五郎と同じように、過去に名を馳せていた人物の可能性も十分にあり得ます。

なので、意外とトの康は重要人物なのではないかと思いました。

遂に登場した光月日和

出典:https://onepiece-consideration.com/onepiece938/

938話の最後に遂に、謎の芸者の正体が「光月日和」であることが判明します。

そして、おまけページに鈴後にいるのが「ゾロ・オトコ・小紫」と書かれています。

ということは小紫=日和ということになります。

しかし、日和は小紫の時と髪型も異なる上に話し方も違います。

花魁の時の話し方は、仕事中の間だけの可能性もあるので何とも言えませんが、

・オトコちゃんを連れていた

・オロチ将軍を怒らせてしまった

の2点を考えるとやはり小紫=日和になります。

小紫の時の姿・性格と日和の時の姿・性格がちょっと違い過ぎるので二重人格なのかな?とも思いました。

しかし、花魁である以上本来の自分ではなく花魁としての小紫を演じなければならない立場ではあるため、日和の時が本当の姿なのだと思います。



Sponsored Link

小紫について狂死郎の意味深発言

引用:https://www.youtube.com/watch?v=V_VsDCdetmc

そして、小紫の事で会話をしている狂死郎の意味深な発言も気になります。

部下らしき人物は小紫の葬儀は更なる混雑になりそうです。とは言っているものの、鈴後に小紫がいるためどうしても矛盾が生じてしまいます。

となると、狂死郎は小紫と何らかの関係があるのではないかと思えてなりません。

狂死郎もワノ国編の初期の方からちょこちょこ登場はしているものの、詳しい過去や人物象などはイマイチ明らかになっていない印象です。

一応、表上はオロチ側の人間のように見えますが、オロチ将軍に絶対的に服従している感じではなさそうな気がします。

もし、小紫を逃がすためにわざわざ悪役を買って出たのだったら切りつけてしまったとは言えかなり格好いいんですけど、まだその辺りの真相は不明です。

まとめ

しかし、狂死郎は小紫=日和ということを知っているような気がしてなりません。

いずれにせよ、狂死郎もキーパーソンなのかな?とは思います。

来週は休載なので、また気になった点がありましたら考察したいと思います。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る