ワンピース ミンク族の真の力を見せる!?ネタバレ考察

ビッグ・マム編も佳境を迎えようとしているなか、ビッグ・マム海賊団がサニー号に迫ります。

追い詰められたジンベエやナミたちですが、このピンチに隠されていた力を見せたのは、ミンク族のキャロットでした。

「ミンク族の真の力」…!?

ワンピース考察:奥の手、ミンク族の真の力とは!?

 

ネタバレを含む考察をしていますので、コミックス派の方はお気をつけください。

Sponsored Link

ミンク族とは!?

ワンピースの世界には様々な種族があり、これまでにも手長族や魚人族などの種族が登場してきました。

そこに登場した種族の一つに「ミンク族」がいます。

ミンク族とは一体どんな種族なのでしょうか。

容姿はまるで悪魔の実の動物系のような姿で、まんま動物の姿をしています。

そして他の種族と違うのが「生まれながらの戦闘種族」ということです。

そしてミンク族ならではの挨拶のやり方で「ガルチュー」という挨拶があり、相手に頬ずりをするというなんとも愛くるしい挨拶があります。

更にミンク族の注目が置かれている点では「ゾウ」とう場所に国があり、その「ゾウ」とはまさしく生きた「象」であり、現在1000年近い歴史があります。その「ゾウ」という幻に近い島がミンク族の国であるのです。

ミンク族の戦闘能力

ミンク族は前述した通り「生まれながらの戦闘種族」であります。

というのも特殊能力が携わっておりそれは電流を発するということです。

「エレクトロ」という技で触れた相手に電流を流すという技です。

その「エレクトロ」は武器にも発することができ、ペドロは剣に電流を流し敵と対峙していました。

更には空中で方向転換が可能ということです。どういった能力かは未だ解明されていませんが、CP9が使っていた「月歩」と少し似ています。

そういった点からミンク族はかなり戦闘能力が高いのが伺えます。



Sponsored Link

ミンク族の真の姿とは!?

ミンク族は「生まれながらの戦闘種族」であり戦闘能力が高いです。

しかしゾウでは昼のイヌアラシ、夜のネコマムシと昼夜問わずジャックの一団と戦っていましたが最終的には敗れてしまいました。

その際にイヌアラシが

『次戦うならミンク族の「真の姿」を見せてくれる』

という発言をしました。
ではその「真の姿」とはなんなのか。

ジンベエ率いるナミ達は後方から追いかけてくるC.ババロア、更には前方からダイフク、更にその後方には将星スムージーとまさに四面楚歌の状態です。

そこでキャロットが突如「私にやらせて!きっと役に立てるよ!」とナミ達に言い放ち「満月」を仰ぎました。

殺気立ったように突如膨らむ尻尾、するどく赤く光る眼、全身の毛が伸び雄たけびを上げるキャロット。まるで別人のような姿が「ミンク族の真の姿」であり、別名「スーロン(月の獅子)」なのです。

スーロン(月の獅子)になったキャロットの戦闘能力はというと、凄まじい勢いで船を降り海に落ちるかと思いきや、ふわっと方向転換をし敵船へ、そして敵の砲弾を「剃」さながら幻影を残し避けてしまいます。

更に「エレクトロ」を使い敵を倒していきます。この「真の姿」とは飛躍的に戦闘能力が上がり、容姿も変わるのが特徴だと言えます。

まとめ

ミンク族とは「生まれながらの戦闘種族」であり、体から電流を発っし、その戦闘能力が高いということで有名です。

挨拶は頬ずりでの「ガルチュー」。

更に満月の夜にはその月を見ることで狼のように進化を遂げ、更に戦闘能力が上がるということ。

その真の姿のことを「スーロン。別名・月の獅子」といいます。

キャロットがミンク族の真の姿を見せたことで、今後の展開も変わってきそうですね。


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る