四皇カイドウに敗北!?ユースタス・キャプテン・キッドの現在は!?今後の動向は…

四皇がぞくぞくと現れ始め、どんどんとストーリーが展開していっているワンピース。

2017年12月までに、ルフィとビッグ・マム海賊団による戦闘が繰り広げられています。

また一方で、他のルーキーたちは他の四皇達と衝突し始めていて、なかでも「ユースタス・キャプテン・キッド」は百獣海賊団の「カイドウ」と戦い、敗れて幽閉されています。

今回はそんなユースタス・キャプテン・キッドの能力や性格などの情報と今後どうなっていくかの考察をしていきます。

Sponsored Link

ユースタス・キャプテン・キッドとは!?

ユースタス・キャプテン・キッドは南の海出身の海賊です。

ルフィが初めてシャボンディ諸島にたどり着いた時に、その時に諸島にいた11人の超新星の一角でもあり、当時の懸賞金が3億1500万ベリーと一番高かったキャラクターです。

またそれから2年後になると懸賞金は4億7000万ベリーにまで上がっており、左腕が義手に変わっているなど風貌も大きく変わっています。

性格は非常に短期で好戦的であり、海賊らしい性格と言えるでしょう。

ユースタス・キャプテン・キッドは海賊王になることを夢としていて、その夢を笑ったものは皆殺しにされています。

また敵とみなしたものには一切容赦はせず、戦意を失おうとも徹底的に叩き潰すことからもかなり非情な性格と言えるでしょう。

出典:http://onepiece.toshidensetu.net/densetsu38.html

ユースタス・キャプテン・キッドは悪魔の実の能力者でもあります。

しかし、悪魔の実の名前は判明していません。

戦闘方法はわかっており、磁力を使うことで手に鉄などの金属を体にまとって、大きな手のように扱って殴るパワー型のキャラクターです。

また飛んでくる砲弾を反発させて跳ね返すことができるなど非常に強力な能力の持ち主と言えるでしょう。



Sponsored Link

なぜカイドウに捕まったのか!?

ユースタス・キャプテン・キッドはいきなり現れたカイドウと戦って敗北してからは牢屋のようなところで幽閉されています。

ではまずおさらいとして幽閉されるまでにキッドにはなにがあったのでしょうか。

まずキッドは四皇の一角であるビッグ・マムの傘下の船を襲って、2隻を沈めるなど行い、ビッグ・マムの怒りをかっています。

しかし、その後ビッグ・マム海賊団の本拠地である万国の縄張りに踏み込んだことで、大幹部将星シャーロット・クラッカーにやられてしまいました。

おそらくですがこの時に現在の大きな顔の傷や左腕が亡くなっていると思われます。

この大きな痛手を受けたことで、四皇に対抗する為に海賊同盟を結ぼうと同じ最悪の世代”と呼ばれる海賊である、「スクラッチメン・アプー」、「バジル・ホーキンス」に話を持ちかけています。

そしてもめることもありましたが、結果的には海賊同盟を結んでいます。

この海賊同盟を結んだことによってキッドは次に、四皇の一角である”赤髪のシャンクス”に狙いを定めます。

ルフィとワノ国編で共闘!?

空島から飛び降り自殺を図った”百獣のカイドウ”が落ちてきて、思わぬ形で四皇と対面することになってしまっています。

そして、結果的にキッドは敗北し、幽閉されるという流れになっています。

ちなみに、アプーは寝返ったらしく、カイドウとデンデン虫で連絡を取り合っています。

しかしホーキンスはいまだ生死の確認が取れていません。

こうしてカイドウに負けて幽閉されてしまったキッドですが、今後どうなるのでしょうか。

出典:http://jumpsokuhou.com/archives/48344080.html

おそらくですが、幽閉されてしまった以上は強制的に言うことをきかされるなどしてカイドウの部下として扱われる可能性が高いでしょう。

もしくは、ルフィはこの先カイドウの縄張りであるワノ国に向かいます。

そこではカイドウとの直接対決も考えられることから、ルフィによってキッドが助けられて、同盟を組んでカイドウを倒すという可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

ユースタス・キャプテン・キッドは戦闘描写や過去もほとんど語られていないため、まだ謎が多いキャラクターです。

しかし、ルフィとはシャボンディ諸島にて、ローと共に3人で共闘していることと、キッドはルフィの行動を笑って見ていることも多いことからまた一緒に同盟を組むこともありえるのではないでしょうか。

もし万が一、同盟を組むことができれば大きな戦力になることからも今後の展開が気になります。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする