ワンピース考察 最悪の世代、ジュエリーボニーの正体とは!?

今回は、最悪の世代の海賊、ジュエリー・ボニーについて考察をしていきます!!

彼女、登場した時から話題のキャラクターでしたね。まずは、簡単な情報をまとめてみましょう。

関連記事:「最悪の世代まとめ」

Sponsored Link

ジュエリーボニーの正体とは!?

名前 ジュエリー・ボニー

肩書 ボニー海賊団船長

通称 大食らい

懸賞金 1億4000万ベリー

出身 南の島

能力 自分を含めた周囲の人間の年齢を操作することが出来る(これ覚醒しているのでは!?)

以上が初登場時に判明した情報です。11人の億越えルーキー、最悪の世代の一人として登場しました。

次の登場は頂上決戦後でしたが、「何もかもあいつのせいだ」「すぐに探し出してやる」と頂上決戦の映像を観たボニーが涙している様子が描かれています。

この当時は、ジュエリーボニーのモデルがアン・ボニーであることから、エースとボニーが兄妹であるという説が流れていました。

エースの母親が「男の子ならエース、女の子ならアン」と言っていたからです。

出典:http://onepiece.toshidensetu.net/densetsu23.html

が、今回はその説は一旦置いといて、ボニー=くまの妹説を唱えていきたいと思います。

ボニーとくまの関係とは!?ボニーとくまと政府の関係

頂上決戦を見て涙を流していたのも、くまが完全に人格を失ってしまっているのを目撃してしまったからなのではないでしょうか。

では、考えていきましょう。

ボニーは新世界に入ってすぐに黒ひげに敗北し、赤犬の手によって政府に捕まってしまいます。

赤犬「お前が政府から逃げたと聞いた時ァはひやりとしたがのう だがもう全て終わった」

赤犬のセリフから、ボニーは元々政府の下に捕まっていたことが分かります。

あの赤犬が「ひやりとした」と言うからにはボニーには余程重要な情報が隠されているはずです。

そして秘密とは、ボニーがくまに対する人質だった、ということではないでしょうか。

革命軍のイワンコフやサボのセリフから、くまが政府嫌いであったことが分かっています。

その政府嫌いであるくまは、ボニと自らが治める国を人質として取られていたため、七武海に入り、自らを実験体として差し出したのではないでしょうか。

念には念を、ということでボニーを政府の下に置いていたのです。

けれど、どうにかしてボニーは脱出。

くまはそこで政府に反旗を翻すことも考えられたかもしれませんが、彼は国王。

七武海の称号が剥奪されてしまったら、自国の国民に被害は及ぶ可能性も高いです。

とりあえずボニーが逃亡したことに安堵したくまは、このまま七武海として政府の下に身を置いていたのです。

くまは、ボニーを含む国民を担保に取られていて、政府に従うしかなかったかもしれないですね。



Sponsored Link

マリージョアに潜入!?

ボニーは現在マリージョアに潜入し、くまとの遭遇も果たしました。

目に涙を浮かべている様子と、ボニーがくまが統治していたゾルベ王国の王太后に扮していたことを考えると、ボニーがゾルベ王国の関係者であることに対しては疑う余地もありません。

ボニー「なにもかもあいつのせいだ」

出典:http://onepiec.animepopn.com/1486/

ボニーは頂上決戦の映像を観た後にこのように嘆いていますが、今回マリージョアに潜入したのは、この「あいつ」を探しに来たからではないでしょうか。

くまに政府との契約を結ばせた人間、くまを過酷な立場に追い込んだ人間が、マリージョアにいると、ボニーは考えているのです。

出典:https://manga-netabare-kanso.com/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%83%8D%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9908%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%BD%9C%E3%82%80%E7%AD%96%E7%95%A5/

まとめ ― ボニーはクマの妹!?

ということで、今回はボニー=くまの妹説について考察してみました。どうだったでしょうか。

ボニーがくまの妹であることを考えると、頂上決戦を観て涙していたことも、ゾルベ王国の人間としてマリージョアに潜入したことも説明がつく気がしますね~

皆さんは、どうお考えでしょうか。今後の展開が、楽しみですね!

関連記事:ワンピース考察 ルフィの母親は!?ボニーも…


Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

★お越しいただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ページ上部へ戻る