目指すは世界一の剣豪 ロロノア・ゾロ

ゾロ5

麦わらの一味の戦闘員であるロロノア・ゾロ。剣豪。

「東の海(イーストブルー)」のシモツキ村出身。

Sponsored Link

海賊狩りのゾロ

東の海で「海賊狩りのゾロ」として名をはせていました。
ルフィの最初の仲間であり両手の二刀に加え、三本目の刀を口にくわえて振るう「三刀流」の剣士。少年時代のゾロが一度も勝てなかったライバルであった「くいな」彼女自身は女の自分が世界一の剣豪になることはできないという悩みをゾロに打ち明けた日、ゾロとどちらが世界一の剣豪になるかを約束するがその翌日に事故死してしまいました。彼女の死はゾロに天国にいる彼女まで名前が届くような世界一の剣豪を目指すという大きな野望のきっかけとなります。

ゾロ10
緑色の頭髪、三本刀、腹巻が特徴で強敵と相対した時にバンダナを頭に巻く。
新世界編からは左目にも傷があります。

目指すは世界一の剣豪

「世界一の剣豪になる」という野望のためストイックに強さを追求する野心家で、船内では鍛錬をつんでいる風景が良く見らます。強敵や死線も己を高めるものとして 好んで挑み、一切の甘えも妥協もない「背中の傷は剣士の恥だ」として背後からの攻撃をあえて真正面から受けるなど、己の命よりも信念を 貫くことを選ぶ武士道精神の持ち主。

ゾロ9

戦いの時には敵組織のナンバー2や剣士を相手にすることが多い。
三刀流の技を操るが、一刀・二刀でもその時に応じたスタイルでの技を持ち、さらには無刀によって 強大な力の受け流しなども見せたことがあります。
剣士でありながら徒手空拳や蹴りで敵を倒したり、素手で怪力を見せたことも幾度かあります。

ゾロ3
数々の死闘 を繰り広げたことで「呼吸」を知り、アラバスタ編以降は鉄をも切断することが可能になるほどの使い手となりました。
シャボンディ諸島でバーソロミューくまによってミホークのいるクライガナ島に飛ばされミホークに剣を教わり、新世界編からはガレオン船やかつては苦戦したパシフィスタをも一刀両断するほど剣の腕を挙げており、覇気も使えるようになり見違える成長をしました。得意な色は「武装色」




Sponsored Link

性格

冷静沈着で、仲間達とは一歩距離を置いた位置から物事を判断し作戦会議などでは「吉」と「凶」の両方の可能性を考えた上での意見を出す事が多いです。
ものすごい方向音痴で、仲間からもそのことでからかわれたり、大事な場面で遅れてくるのはこのことが原因でもあります。
ルフィに対しては船長としての全面的な信頼を持っており、船長命令とあらばどんな指示でも黙って従うといった海賊船に乗る海賊としての信念も持っています。

ゾロ13
自分にも他人にも厳しく、筋の通っていない事は認めない男気を持っています。
仲間が腑抜けた言動をしでかそうとした場合は厳しい意見を飛ばし、力尽くでも軌道修正を試みる姿勢で接します。

ゾロ8
王者、チャンピオン、トーナメントなどといったことには張り合おうとする負けず嫌いな性格。
どれだけ呑もうと決して酔わない相当の酒豪で、作中酔った描写はありますがいずれも演技でした。
サンジとは「マリモヘッド」、「クソ剣士」、「クソマリモ」などと言われ
ゾロ自身もサンジのことは「クソコック」などと相性が悪く言い合うことも多々ありますが、戦士としては互いの実力を認め合っており、非常時の際の呼吸は抜群に合っていました。

まとめ

世界一の剣豪になるためには一度は師事した世界最強の剣士ミホークに勝たなくてはならないでしょう。ゾロがいつの日かミホークと剣士同士の対決をする場面は多くの方が見たいと思っているワンピース屈指の名バトルになると思います。その日が来るのが楽しみですね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする