ワンピース考察 ルフィがきいた声は古代兵器と関係が有る!?

ゾウの大元である巨大な生きる象が四皇カイドウの腹心「早害のジャック」によって攻撃を受けたことによりルフィが何者かの声を聞きました。

この声はなんなのでしょうか。

820-17

Sponsored Link

万物の声を聞くことができた海賊王「ゴール・D・ロジャー」
ロジャーは魚人島では海王類の声に気づき、ロジャー海賊団のレイリーは「ロジャーは万物の声を聞くことができた」と証言していました。

声2
ルフィもおそらくロジャーと同様に声を聞くことができるでしょう。
まだ万物とはまでいくのかはわかりませんが、ロジャーと同じように魚人島で海王類の声に気づいています。
これは王となる素質を持つものに備わった能力なのかもしれません。
そしてこのような声を響かせているのは物語の中で重要な役割を持つものなのだと考えられます。
魚人島にある巨大な船「ノア」は古代兵器ポセイドンの名を持つ人魚姫しらほしにより、海王類に引かせることで動かすことができると言われています。
その海王類の声を聞くことができたルフィ。
ゾウでもルフィにしか聞こえない声が発せられています。
魚人島の海王類のように重要な役割を持つものからの声なのでは。

声1

ワンピース 古代兵器「ポセイドン」
ワンピースで登場する古代兵器の存在が明かされています。 「ポセイドン」「プルトン」「ウラヌス」です。 この3つはギリシャ神話に出てくる神...

声の主は何者なのか!?

声3

ゾウとはとてつもなく大きな象です。
その巨象が四皇カイドウの側近である「早害のジャック」により攻撃を受けました。

わ18




Sponsored Link

巨象とはいえ生き物です。
その巨象が耐えきれないほどの攻撃をジャックが繰り出したことにより、その巨象の上に栄えていた都市モコモ皇国では大きな揺れや巨象の鳴き声が聞こえていました。

820-18
ルフィが聞いたのは巨象に関係があるのか。
ただ単に巨象の悲鳴ということであれば他の人たちにも聞くことができていますので、ルフィが聞いた声とは違うでしょう。
しかしもし、その巨象の魂の声のようなものだとしたらルフィにしか聞こえないかもしれません。
これほど巨大な象が新世界の海で1000年生き続けているのですから、その巨象に何かしらの秘密があってもおかしくありません。
その巨象が危機を感じて、外に何か発さなければならないことからルフィにしか聞こえないかもしれませんが魂の声を飛ばしたとは考えられないでしょうか。
または巨象が攻撃を受けたことにより巨象以外の何物かが発した声なのかもしれません。
前述したように、航海するのも難しい新世界の海を渡り歩いている巨象です。

声6
その巨象に宿っている者が声の主なのかもしれません。
しかしその声は何を伝えようとしているのか。

古代兵器と関係があるのか?!

この声の主は何を伝えようとしているのでしょうか。

重要な声なのではと考察してきた中で、それでは重要とは何なのか。

物語でまだ触れられていない古代兵器「ウラヌス」と関係があるのではないでしょうか。

ウラヌスとはまだ名前だけしか明かされれいない3つの古代兵器の一つです。

ポセイドンは魚人島に、プルトンはアラバスタとウォーターセブンで触れられてきました。

何のためにか遠い昔に実在した、この世界を滅ぼせるほどの力、神の名をもつ3つの古代兵器とは「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」

シラ7

ポセイドンとプルトンが触れられた時にはどちらもポーネグリフがありました。

そしてゾウにもポーネグリフがあります。

また魚人島でもルフィは海王類の声を聞き取ることができています。

声の主が訴えたいことはゾウの巨象がなくなってしまっては古代兵器も無くなってしまうという可能性があるのではないでしょうか。

そのため非常事態の今誰かに訴えるために声を発し、その声が聞き取ることができたのはルフィだったのではないでしょうか。

幾つかの古代兵器の共通点を元に考察してみました。

古代兵器ウラヌスはゾウに関わり合いがあるのかもしれません。

ワンピース 古代兵器「ウラヌス」とは!?
世界政府からはポーネグリフを読むことを禁じられています。 ポーネグリフを読めば古代兵器の復活が可能になり世界に危機が及ぶと言われています。...

まとめ

攻め込まれた巨象は今後どうなるのか。
はたして声の主は巨象なのか他の人物なのか。

この声で物語に重要な展開がまた訪れそうですね。
今後明かされるのが楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする