ヴィンスモーク家とは?

サンジ3

ヴィンスモーク家について考察

サンジの家系がヴィンスモーク家と明かされ、出生の謎が少しずつ解明されていく中、ヴィンスモーク家とは一体どのような一族なのか?

Sponsored Link

有名なころし屋の家系!?

ヴィンスモーク家についてペコムズが、

「ヴィンスモーク家は裏の世界では有名な「ころし屋」

ブルックらやカポネがその名前に反応しました最近名前が知れ渡った一族ではなく、昔からある家系なのでしょう。またブルックもカポネも北の海の出身ではなく、西の海の出身です。

サンジ1

この事だけ見てもヴィンスモーク家という名は、カポネやブルックといった歳を重ねた人等は、良く知っているというのがわかります。

ナミやシーザーは反応していませんでした。

昔から名のある一族なのであり、とある地域で名のはせた家系であることは間違いないでしょう。

おそらくカポネは同業に近く、ブルックは元王国の騎士団からのつながりでその名を耳にしていたのではないでしょうか。そしてロビンは、かつてのバロックワークスのMr.1ダズ・ボーネスが「ころし屋」という肩書きを持っていた繋がりかと思われます。
裏の世界ではヴィンスモーク家は、相当な権力を持っていたという事は間違い無く、今回のサンジの結婚も政略結婚というのも妥当だと思います。
しかしなぜ裏の世界のマフィアが、世界政府の手配書を「ONLY ALIVLE」にできたのか?

ヴィンスモーク家は世界政府直属ころし屋のなのでは!?

手配書を改ざん出来る時点で、世界政府、そして天竜人などに近い、そしてかなり太いパイプを持っていないとそのような大それたことはできないのではないでしょうか。

何故ヴィンスモーク家がサンジの手配書を改ざんできたのかと考えると、ひとつはヴィンスモーク家が世界政府最高峰の五老星の中の一人の家系だから・・・という事が予想できます。

またそれ以外にも考えられる事として、世界政府の直属の「ころし屋」という可能性です。
世界政府は表では、海軍を筆頭に秩序を守り多くの国と協定を結んでいます。その世界政府がコロシをやっていたら、大変な事です。その汚れ役を一手に引き受けているのが、ヴィンスモーク家だという可能性です。
だから世界政府にも顔が効き、手配書を「ONLY ALIVLE」に変更する事が出来たのではないでしょうか?

サンジ2




Sponsored Link

ヴィンスモーク家のボスは女!?

サンジの結婚式を決定し、手配書を改ざんさせる事をしたのは、ヴィンスモーク家のサンジの親族だという事でした。しかしここまでヴィンスモーク家の事でサンジが三男だという事以外は、親族の事は触れられていません。
普通マフィアなどのファミリーの場合、ボスというのはカポネのようなルックスの若くはないというのがイメージですが、しかし一向に「親父」という言葉が出てきません。

それにサンジがルフィ達に書き残した手紙「女に会って来る」という内容。
サンジはカポネとの会話で、プリンとの結婚に対して「誰がこんな勝手な決定を」と言っています。

つまりサンジが家を出た当時はもちろんこのような状況ではないでしょうから、年月が過ぎサンジも大人になったということで結婚の話が出てきたのでしょうか。
そして今回の件を白紙に戻すには、プリンと話をするのではなく結婚を決めた親族と話をする必要があります。つまりサンジが書いた「女」とは、ヴィンスモーク家のトップの事ではないでしょうか?
この事からヴィンスモーク家のボスは、親父ではなく女、つまり母親でもしくは祖母、姉妹かもしれません。

サンジ7

追記

ペコムズの

「ヴィンスモーク家の親父」

という会話が出たのでこの説はほぼなくなりそうですね。

まとめ

これからサンジと合流するためにルフィらがサンジを追いかけることになるでしょう。

世界政府公認のころし屋などといた家系だとしたら海軍のトップ、もしくはCP0など世界機関の戦士とあいまみえることになるかもしれませんね。

ともあれサンジの正体が近いうちに明らかになってきそうですね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする