ワンピース 第825話 「世経の絵物語」 あらすじ ネタバレ

ゾウから連れ去られたサンジはいよいよ四皇「ビッグマム」の待つホールケーキアイランドへ。

それを追いかけるルフィたちもそこに迫っていく。

ワンピース第825話のあらすじまとめです。

Sponsored Link

ヴィト「世経(世界経済新聞)に載ってた絵物語、夢の巨大ロボが登場する海の戦士ソラ。海の上を歩けるヒーロー”ソラ”が合体ロボとカモメを従えて悪の軍隊ジェルマ66と戦う海の英雄物語!!世界中にファンがいるぜ!ニョロロ」

825-2

825-3

ヴィト「海軍の英雄たちを元に創られた物語。海軍は正しく強いってな!だが俺がシビれたのはジェルマだ!手を変え品を変え毎度ソラを追い詰める悪の軍団!手に汗握って応援してた、あんたらを!」

ヴィンスモーク家とは?
ヴィンスモーク家について考察 サンジの家系がヴィンスモーク家と明かされ、出生の謎が少しずつ解明されていく中、ヴィンスモーク家とは一体ど...

サンジ「おれを入れるんじゃねえ!あいつらとは無関係だ!」

ヴィト「そんなこと言うなよ。おれは本物に会えて実はちょっと嬉しいんだ!」

サンジ「ついてくるな。おれの部屋なんだろここは」

シーザー「おれの部屋でもあるぞ!ここから出せちくしょう!扱いが違いすぎるだろう!おれは天才科学者だぞ!」

825-5

ヴィト「まだ諦めてねえのか。お前は捕えてこいって命令だ、シーザー。だが彼はヴィンスモーク家と我らがシャーロット家を結ぶ大切な婿!価値が違う!!ニョロロ」

サンジ「結婚はしねえよ!早く(おれの部屋から)出て行け」

ゴッティ「出て行けだと!?こいつ今ヴィトに悪い言葉使った!」

825-4

ヴィト「たいしたこと言われてねえよ、大丈夫だ、じゃれてただけだ!」

サンジ「じゃれてねえよ。ゴッティもヴィトもさっさと消えろ」

ゴッティ「許さんお前!おれはいい!仲間を侮辱する奴は許さん!」

サンジ「ゆるさんで結構だ。」

おかみさん「ゴーッティ!!!」

ゴッティ「ひっっ!」

おかみさん「お前そいつがヴィンスモ−クのせがれだと知ってんのかい!?

傷一つでもつけたらファーザー(ベッジ)の首が飛んじまうってのがわかってんのか!?」

ゴッティ「いててて、ごめんよ、おかみさん!!」

サンジ「…しかし似てんだけどな」

825-7

サンジはショーロット家の大事な客人としてビッグマムの元へ運ばれていました。

しかしこの似ているとは、スリラーパークのあの女でしょうか。

サンジの正体は… ネタバレ
ジャンプフェスで原作者の尾田先生からなんと衝撃のコメントが! 「来年は、サンジの年です!! 彼の出生の秘密に、いよいよ踏み込む時がやって...




Sponsored Link

ルフィたちは…

さらに数日後、サウザンドサニー号。

それを追うルフィらは…

ルフィの暴走により食料がそこをつき、魚を釣り上げようとするが…

825-9

ルフィ「干からびる〜サンジめし〜」

チョッパー「暑いのダメだ…毛皮ぬぎたい」

ペドロ「我々もだ…ミンク族も暑さに弱い…」

ナミ「食糧難に連日の嵐で魚も釣れず…やっと晴れたのよ!天候が変わる前になんとか魚を釣って!」

チョッパー「そうしたいけど、暑すぎて海が煮えたぎってる…」

ブルック「これでは魚は寄り付きませんね」

ルフィ「非常食…」

チョッパー「おれを見るなよ!!!」

ペドロ「ルフィ!糸が引いてるぞ!」

チョッパー「引けールフィ!」

ザッパ〜〜〜ン!!

825-8

ルフィ「食い物〜〜〜〜!!」

チョッパー「うわーでも変な色の魚!ルフィちょっと待てよ!すぐこの魚調べるから!どこだ魚図鑑…あった!!」

825-10

チョッパー「ルフィーー!皮に気をつけろ!猛毒があるぞ!ほらここにサンジのメモが!」

ルフィ「皮うんめ〜〜ほらキャロット食ってみろ!」

キャロット「ぬるぬるしてるよ、その皮」

チョッパー「ルフィーーーーー!!」

キャロット「おいしーおいしいよナミ!」

ナミ「サンジくんのメモ通りに焼いたから。ほらチョッパーあんたもまず体力。食べて!」

チョッパー「ルフィがしん、死んじまうよ〜〜〜薬草が足りね〜早く島を見つけねーと!!」

ナミ「わかってるけど急に島なんて。でも即死の猛毒って書いてあったんでしょ!?でも生きてるんだからルフィは強い抗体を持ってるんじゃない?」

キャロット「ルフィ〜〜死にそうなの?」

ルフィ「…大丈夫…川が綺麗だな…」

チョッパー「三途の川見えてるよー!!」

825-12

ペコムズ「日数的には”黒足”たちはもう島についているはず。俺たちもそろそろナワバリに差し掛かってもいい頃」

ナミ「ナワバリ?え、今度は雪かしら。違うあの雲は、甘み雲!?」

ペコムズ「その通りだ。降ってるのはわたあめ雪」

プルルルルル!!

825-11

ブルック「おや、誰でしょう電伝虫!」

ペコムズ「警告念波をキャッチしただけだ。ビッグ・マムのナワバリに入った。お前ら隠れるか変装をしろ」

ペドロ「何か見えるぞペコムズ」

ペコムズ「はええなもうか。ウチの偵察船だガオ!おれがうまくやるからみんな黙ってろ」

825-14

ペコムズ「え!!!?」

ジェルマ「こちらジェルマ…麦わらの一味の船と見受ける」

ペコムズ「ウチじゃない!違う!ジェルマ66の船だ!!!」

825-13

まとめ

サンジはついにビッグ・マムの元へ着いた模様。

しかしやはりあのスリラーパークであったローラはビッグ・マムとつながっていそうですね。

おかみさんがローラそっくりでした。

食糧難でようやく釣り上げた魚で毒に侵されてしまったルフィ。

そんなトラブルの中サンジの家系「ヴィンスモーク家」がトップに君臨する殺し屋の軍隊「ジェルマ66」が現れました。

乗っている人物はだれなのかわかりませんが、サンジと同じ眉毛の形をしています。

ヴィンスモークの家系のものでしょう。

この遭遇は吉なのか凶なのか今後が楽しみです。

825-15

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする