ワンピース 第822話 「下象」 あらすじ ネタバレ

モモの助と象主(ズニーシャ)によりジャックを撃退しました。
モモの助の隠された力は一体なんのための力なのでしょうか。
ズニーシャの声を聞くことができ、モモの助の声をズニーシャに届ける力は今後どのような形で使われることになるのか。
ともあれゾウの異変を無事解決した一行は次の島へと旅立ちます。

Sponsored Link

ジャックの襲撃により傷ついたゾウの土地であるズニーシャを治療するチョッパー。

チョッパー「よし!これでいいぞ!」

822-3

ミンク族の医師「現『サクラ王国』の医学に加え『トリノ王国』の薬学!素晴らしい!しっかり止血されている」

チョッパー「森にいい植物がいっぱいあったからな!だけど包帯を替えるのも一苦労だぞ」

ミンク族の医師「それは我々が責任を持って!ズニーシャは千年続く我らの大地!」

ミンク族の医師「今日あらためて気づかされました。我々はいつでも、この偉大な命の上に生かされているのだということを。それはいつか終わりが来るもので、意思があるならこう聞いてみたい、、、」

ミンク族の医師「千年もの時間をかけて、一体どこへ向かっているのか…

822-12

モコモ公国の都市、クラウ都では・・・

錦えもん「残る?このゾウにでござるか?」

モモの助「うむ!かなうなら今いちど話してみたいのだ!象主(ズニーシャ)と!千年を生きた者と!なぜせっしゃの声は届いたのであろうか?よもや光月家の何を知っていまいか!?」

822-6

錦えもん「成程、しかし我々にはワノ国で待つ者たちが・・・」

イヌアラシ「いいぞ、錦えもん。私はまだこのゾウをカイドウの脅威から守らねばと思っていた。どのみち一気にワノ国にはなだれ込めまい。しばしここに残るつもりだ。(モモの助は)後でお連れする!」

錦えもん「そうか!すまぬ!では一旦、四手に分かれる事に!」

822-7

モモの助はズニーシャとの会話で何かを感じ取ったのか、ゾウに残る事に。

ワンピース考察 モモの助の力とは!?  古代兵器!?
四皇「カイドウ」の腹心の「早害のジャック」がゾウに攻撃を繰り出しました。 すでに滅ぼしたモコモ公国に再度出向き、滅ぼすだけではなく巨大な象...

ワノ国へ向かう者、ゾウに残る者、同士を探しに行く者と別れ、そしてルフィたちはサンジの元へ。




Sponsored Link

ルフィ「あーーっ!ペコマムシん家が潰れてるーー!!大丈夫かー!?返事しろーー!」

822-9

ペコムズ「ここだ。問題ない。全く、ゆっくり安静にもできやしねぇ。俺はカメカメの実の能力者だ!そして甲羅はダイヤモンドの硬度を誇る!」

ルフィ「チョッパーがお前のこと責任持って治療するって!」

ペコムズ「なるほど、ダイヤモンドに対するレスポンズはなしか!ガオ!あぁ、治療はありが手ェ。恩が重なっちまうな!」

ルフィ「だから行こう!ビッグマムのところへ!」

ペコムズ「待て貴様ー!おれはまだ瀕死の重体!なんてこった最悪の恩人だ!」

822-10

重症のペコムズを担いで無理やり連れ出すルフィ。

その頃ガーディアンズ居住区ではネコマムシの元に部下のペドロが現れ、ネコマムシに相談をしいました。

ペドロ「サンジはこの国の恩人!この国でさらわれた!少数で行くとはいえ、ペコムズを覗いて、ミンク族が誰一人加勢しねえってのは仁義を欠きます!」

ネコマムシ「ゆガラ・・・一緒に行きたいがか?」

ペドロ「はい!」

822-8

ミンク族(イヌアラシ三銃士)「抜け駆けはよせ!その役目ならば!我らイヌアラシ三銃士が請け負う心積もり!」

ミンク族(ワンダ)「それなら私に行かせてくれ!ずっと一味と共にいた!」

ミンク族(トリスタン)「私も、チョッパー先生の助手としてどうか!」

ミンク族(BB & ロディ)「おれたちはルフィと戦った縁があるぜ!ペドロさん!」

ネコマムシ「皆の心はわかったきに!けんど、ここはペドロにまかせい」

ミンク族(イヌアラシ三銃士)「なぜです、旦那!!」

ネコマムシ「ペコムズがおるきに。あガラを抑えられるんはペドロしかおらん」

サンジに救われたミンク族の中からペコムズを昔から知っているペドロがルフィらと共にビッグマムの元へ同行することに。

ヴィンスモーク家とは?
ヴィンスモーク家について考察 サンジの家系がヴィンスモーク家と明かされ、出生の謎が少しずつ解明されていく中、ヴィンスモーク家とは一体ど...

そして出発の時

「ゾウ」正門

822-11

ルフィ「結局6人か。よろしくなペロペロ!」

ペドロ「ペドロだ!邪魔はしない」

ペコムズ「なぜペドロの兄貴が・・・」

ペドロ「昔からゆガラをよく知る者としてついてゆく!」

ペコムズ「どういう意味だ、ガオ!」

錦えもん「ではルフィ殿、ワノ国にてお待ちしておる!」

フランキー「対カイドウ用の兵器作っとくぜ!」

ゾロ「おれがワノ国の侍たちをまとめ上げといてやる!」

カン十郎「ではそれがしが下象(象を降りる)の手伝いを・・・」

ルフィ「いいよ、カン十郎!」

たん!

822-13

ルフィ「じゃ!!サンジのことは任しとけ!!ワノ国で会おう!!」

ゾロ「おう!」

ウソップ「くれぐれもビッグマムには見つかるな!相手は海の皇帝だぞ!」

ルフィ「ああ!行ってくるー!」

822-14

ついにゾウを離れ、四皇ビッグマムの待つ「ホールケーキアイランド」を目指すことに。

一方グランドラインの砂の王国「アラバスタ」

ビビ「お父様急いで!」

コブラ「待てビビ、やけに上機嫌だな」

ビビ「だって、海へ出るなんて久しぶりだもの」

ビビがアラバスタから出国。

これはついに世界会議(レヴェリー)へと向かうのか!?

822-1

まとめ

サンジの元へ向かう一行にミペコムズを知る人物としてンク族のペドロが加わり、ついに出航したルフィ。

モモの助はゾウに残り、ズニーシャともう一度会話し、光月家のことを知りたいと考えました。

ワノ国へも錦えもんと共にゾロやローたちが向かうことに。

ゾウから分かれ、それぞれの目的地についに出発しました。

彼らがワノ国で再集結するのが楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする