ワンピース 第868話「KXランチャー」 あらすじ ネタバレ

明かされてきたビッグ・マムの過去。

生みの親に捨てられたビッグ・マムは「エルバフ」でマザー・カルメルに育てられ、巨人たちと共に過ごしました。

しかし、慕っていたカルメルがいなくなり、そのことがビッグ・マムの忘れられない事件になっていました。

前回のあらすじ

第867話「HAPPY BIRTHDAY」 あらすじ

Sponsored Link

結婚式会場

ー ヒャァァァァァァァ

63年前…

ー 63年前、マザー・カルメルと子供達の失踪事件

ー ビッグ・マム本人さえ知らない、その事件の一部始終を見ていたものが2人いた

ー 1人は「羊の家」を気にかけて様子を見にきていたエルバフの戦士。彼は青ざめ、走り出し、もう二度とこの島へ来ることはなかった。そしてやがて、それはエルバフ及び全巨人族の耳に届き、「シャーロット・リンリン」はもはやその名を口にすることもはばかられる程、巨人族から嫌悪される存在となる

ー もう一人の目撃者はもとよりこの島に住み着いていた海賊崩れの料理人「シュトロイゼン」

ー 彼はこれを面白がった

ー 彼の能力はこの世のあらゆるものを「食材」に変える「ククククの実」の能力

シュトロイゼン「ほっときゃ死ぬな…もったいねえ」

シュトロイゼン「お嬢ちゃん夢でも語り合わねえか」

ビッグ・マム「おじさん誰?マザー知らない?」

ー この時出会った2人が現在のビッグ・マム海賊団を築き上げる

結婚式会場

シュトロイゼン「リンリン!正気をとりもどせ!撃たれるぞ」

ドゥン!!

ベッジ「ママは衰弱し、会場の誰も動けない5秒以上の時間。KXランチャーはその時、最大の効果を示し、ビッグ・マムは死ぬ!」



Sponsored Link

ビッグ・マム回想…

マザー・カルメル「ここを私たちの国にしましょう!」

子供達「くに〜〜!?」

マザー・カルメル「そう。種族間の差別も何もない、みんな同じ目線で暮らせる国」

ビッグ・マム「同じ目線?すてき!みんなが大きくなればいいんだ」

マザー・カルメル「こんな国がたくさんあれば世界はもっと平和になるのに!みんな幸せになれるのにね」

シュトロイゼン「平和?それがお前の夢か!?リンリン」

ビッグ・マム「そうなの!マザーが喜んでくれる国をおれが作るんだ!」

ビッグ・マム「!?マザーがやってた手品!なんで!?おれにもできた」

シュトロイゼン「なんと!悪魔の実の能力か!?よし、つくろうじゃねえか夢の国」

ー 子供に5千万!?

ー CPより危険人物と報告が

ー 強大になる前に捕らえろ!

ビッグ・マム「甘いお菓子を持ってこい!そうすれば約束してあげる。平和と夢の国を!」

ビッグ・マム「おれの言うことを聞けばみんな幸せに決まってる!聞かない奴はわがままだから殺さなくちゃ」

あらすじ考察 ビッグ・マムの夢とは!?

結婚式会場

ビッグ・マム「…マザー。いつかみんなを巨大にするから。そしたらまたテーブルを囲もうよ!でもまだおれの言う事きかねえ奴がいる。一枚きりのマザーの写真を…」

ビッグ・マム「麦わらの一味を許さねえ〜〜」

ー ビャアアアアア!!

ベッジ「作戦!失敗だ〜〜〜〜」

シーザー「…くしくもおれの出番か。おれのランチャーを破壊するとは怪物ババアめ。退散だ野郎ども鏡に飛び込めー!」

ー パリン!

ー !!?

シーザー「マズイ!ここは屋上!他に逃げ場はない…逃げ場はない!勝ち目も、ない」

ベッジ「城イン・フォラ・グレーセ!ひとまず中へ、連合軍!」

ベッジ「大頭目(ビッグ・ファーザー)」

まとめ

弱ったビッグ・マムを狙ったKXランチャー作戦は失敗に終わってしまい、追い詰められてしまったルフィたち連合軍。

敵の本拠地で勝ち目はあるのでしょうか…

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする