ワンピース 第849話「鏡の国のチョニキ」 あらすじ ネタバレ

サンジの結婚まで残り時間はもうほとんどありません。

その中で動き回るルフィたちに危機が迫ります。

Sponsored Link

客室「ヴィンスモーク親族」

ヨンジ「レイジュは?」

ニジ「さあな。さっきどこかへ出ていった。それより父上、結婚後2人はどこに住むことに?」

ジャッジ「ジェルマに決まっている。あの娘を人質にしておかねば今後どんな要求をしてくるか。相手は海賊だぞ」

ニジ「向こうも人質が欲しいんじゃないの?」

イチジ「バカ言え。サンジを殺すと言われて我々が動じるか?」

ニジ「楽しみだな、またサンジと暮らせるなんて」

鏡の世界「ブリュレの家」

ブリュレ「お腹すいただろ〜みんな!ロープを切りな!」

チョッパー「ブリュレは墓穴を掘った。あれ(捕まっているキャロット)はブリュレの能力でキャロットの姿を投影されたカエル。本物のキャロットは屋根裏にいる」

キャロット「ふりかぶって〜、やっ!!」

ガン!

ランドルフ「いって〜〜」

ブリュレ「あん!?何やってんだいランドルフ!えっ!?ウサっ娘が2匹!?」

キャロット「え〜〜い!」

ブリュレ「危ない!それはダメ!うわっちゃ〜」

チョッパー「ブレーンポイント。ランブル!」

ー 大変だ〜ブリュレ様をお助けしろ!

キャロット「エレクトリカル〜ルナ!」

ー ぎゃああああああ

ー 怪物だ〜

ボコォォォン!

チョッパー「やった、ブリュレ一派をやっつけたぞ!」

キャロット「チョニキー」

チョッパー「よーし、これで鏡の中から島中を移動できる。みんなを探そう!」

サンジの部屋

サンジの世話役「えー現在、麦わらのルフィと泥棒猫を拘束中。暴れているのはミンク族の男とソウルキング。護衛はかなり手こずって…」

サンジ「もういい。頼んだ食材は?」

サンジの世話役「ああ、これナス。腹減ったんなら何か」

サンジ「このキッチン使うぞ?プリンちゃんさっきの会食に来なかったからな。何か作って持って行くんだ。心配だしな」

サンジの世話役「ああ、そうナスか。ええ、まだ気分が優れないらしく…」




Sponsored Link

宝物の間

ブルック「これが鍵ですね。私、相棒に死に目にあってくれと頼んで、ここへ来たんですからね!得るものなくちゃあ、面目なる潰れでしょうが!」

ドギューン!

スムージー「え!?ママ。わざわざ来なくてもここは私が」

ビッグ・マム「どいてなスムージー」

ビッグ・マム「誰だい!?おれの楽しみに手をかける、身の程知らずは!!」

ブルック「え、まさか!?」

ビッグ・マム「おや?これは珍しい生物」

ブルック「ビッグ・マム〜!!?」

ホールケーキ城内中庭

ー うおおーそのまま押し込め!

ー おーし中庭に追い詰めたぞ!

ペドロ「くそ!何のつもりだ」

タマゴ男爵「久しぶりだボン」

ペドロ「!?」

タマゴ男爵「ノックス海賊団キャプテンペドロ!敵ながら私はきみに一目置いていた。顔を合わせると互いに、左目の傷が疼く」

タマゴ男爵「5年前あれほどまでに生きることに執着した男が、なぜまた同じことを繰り返す?もうろくに生きられぬはずでスフレ。あの日お前はママから50年の寿命を奪われているのだボン!」

ペドロ「ああ、承知の上だ!おれはもう生きて故郷に帰る気などない!」

ホールケーキ城内

ー ハァ、ハァ…

ー ガクッ

まとめ

ルフィたちはビッグ・マムに捕まったまま、ブルックの前にはビッグ・マムが現れ、絶体絶命。

ペドロもタマゴ男爵に追い詰められてしまいました。

この危機的状況を打破するにはチョッパーがカギになりそうですね。

しかしレイジュの身には一体何が…

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする