ワンピース 第820話「犬と猫に歴史あり」 あらすじ ネタバレ

ワノ国光月一家跡取りであるモモの助の頼みによりルフィら麦わらの一味はカイドウ討伐の同盟を結びました。

今回新たなことが明らかになります。

Sponsored Link

白ひげとロジャーの元クルー

ネコマムシ「そうか、見覚えのある麦わら帽子やと思うた!」

ルフィ「イヌアラシもそう言ってたな!みんなシャンクスの事知ってんのか?」

イヌアラシ「ネコも私も一時ロジャーの船に乗っていたのでな」

ルフィ「えー!お前らも海賊王のクルーなのか⁈」

イヌアラシ「言い方一つだが…。私達は常におでん様の従者として船に乗った」
820-02
イヌアラシ「白ひげのモビーディック号に乗っていた時も、そこからおでん様がロジャーにスカウトされた時もいつもそばに…世代で言えばシャンクスやバギーの様な見習い達に近い若ぞうだったのだ」

ウソップ「おい待て、頭の中がおいつかねぇ!」

ネコマムシ「しかしわしら2人はラフテルへは同行しちゃあせんぜよ」

ルフィ「じゃあ錦えもん達も白ひげの船に乗ってたのか⁈」

錦えもん「いや拙者たちはずっとワノ国に!」

カン十郎「むしろ、おでん様が海賊の船に乗り込まぬ様、必死に止めておった立場!鎖国国家のワノ国においては海外へ出ること自体が罪!かたやおでん様は閉ざされた自国の方にずっと疑問を持ち続けた異端児だったのでござる!」

錦えもん「拙者たちも白ひげやロジャーたちとは彼らがワノ国に上陸した折に面識はある…」
820-04

ラフテルへの道は!?

ナミ「話割ってごめんね、ちょっと確認しときたいの!航路の事心配になってきちゃって。このログポースのログ!今辿ってないけど、いいの?」
820-07
ナミ「私達はトラ男君に会って、偶然ビブルカードでこのゾウにきて、偶然ロードポーネグリフの情報に辿り着いたけど、確か双子岬のクロッカスさんの話じゃ、ログを辿れば最後には全ての航路のが一本にまとまるって…私そこにラフテルはあるのかと」

イヌアラシ「ログを辿った先に興味があるのなら言ってみればいい。その3本の指針が全て一つの場所を示す航路はある!…ただし、ゆガラ達はこれまでの旅ですでにその先の冒険を始めているのだ」

ナミ「どういうこと?」

イヌアラシ「本来ならば、そのログの終着点で初めて気づくのだ…ポーネグリフと古代文字の謎に。それを生み出した文明と見えぬ最後の島ラフテルの存在に!ロジャーはそこから大きく冒険をやり直した」

820-09
820-08
イヌアラシ「ゆガラ航海士か?しっかりしているな!大丈夫、道は間違えてはいない。このまま進め!」

ナミ「うん!」




Sponsored Link

同士は元白ひげ海賊団の…

ウソップ「しかしおめぇら伝説と繋がりすぎててレイリーと会った時みたいに頭クラクラするよ…」

モモの助「せっしゃもロジャー達に会っておるが記憶があいまいでござる」

ウソップ「ウソつけ!ロジャーは20年前に死んでるよ!誰と勘違いしてんだ!」

ネコマムシ「おでん様の冒険は濃厚じゃき。いずれまとめて話しちゃるぜよ!」

錦えもん「これからカイドウと戦うまでにやる事は多々ある!準備が必要でござる!ワノ国においても共に戦う侍達を募っておる所!」

ネコマムシ「その間にわしらも会いたい男がおるぜよ!戦力げ増えて困りはせんきにゃあ」

ルフィ「誰だ?」

ネコマムシ「元白ひげ海賊団一番隊隊長、不死鳥マルコ!」

820-12

820-13
イヌアラシ「まあ期待はするな。見つけたとしても希望は薄かろう」

ネコマムシ「マルコ率いる白ひげ海賊団の残党達とティーチの黒ひげ海賊団の大激突!世に言う落とし前戦争から一年…隊長達の消息はぱったりと消えたけんど、生きちゃああるのならマルコの行方には少々心当たりがあるぜよ!」

ルフィ「おいおいおい!あいつら黒ひげと戦ったのか⁈」

ロビン「そうよ。両者援軍を含むかなり大きな戦いだったわ。そしてマルコ達は惨敗した。黒ひげが四皇に名を連ねる様になったのはこの戦いの後からよ」

820-15
ルフィ「頂上戦争でおれ意識を失った後、白ひげ海賊団に命を守ってもらったって聞いたんだ!また会って礼をいいてえなぁー!」

ネコマムシ「つまりわしらにしてもまだ準備する時間が欲しいがよ」

ルフィ「そうか!じゃあ一度別れて集まる場所をきめねぇとな!」

錦えもん「拙者達はワノ国にて同士達を増やし作戦を練る!」

ゾロ「戻って大丈夫か?将軍に狙われてんだろ?」

錦えもん「しかし国の同士が心配ゆえ…」

ロー「ウチの潜水艇があれば航行中は安全だ。あとは島に隠れる場所さえあれば…」

ネコマムシ「わしは部下を連れてマルコを探しに出る。集合はワノ国じゃな。錦えもんのビブルカードを作ろう」

ゾウに異変が…

ミンク族が雷ぞうを匿うために雷ぞうの手を縛り閉じ込めていたが、みんなが外に出てきたところにミンク族達が大挙しておしかける。
さらにイヌアラシとネコマムシの2人の王が手打ちをした事で歓喜していて、宴を始めようとするが…

820-16
ルフィ「やったー宴だ!」

ナミ「待ちなさいルフィ!宴はもう充分でしょ!船出すわよ!サンジ君のこと手遅れになってもいいの⁈」

ルフィ「なんでお前まで⁈」

ナミ「私も行くに決まってんでしょ!責任感じてるし、新世界の海を航海士なしであんた渡れるの⁈」

チョッパー「おれも行くぞ!ペコムズは大重症!医者がいる!」

ブルック「ちょっと仲間はずれはやめて下さいよ!一緒に眼の前でサンジさん連れてかれた仲でしょう⁈」

ルフィ「錦えもん、こいつら連れてくけどいいか?」

錦えもん「本来拙者も同行したい所!サンジ殿には恩があるのに、すまん!」

フランキー「こっそり潜入が微妙になってかかたな…式をぶっ壊したらすぐ逃げてくんだぞ⁈」

ロビン「万が一ポーネグリフに出会ったら写し一枚お願い。私もワノ国でカイドウの方のポーネグリフを調べておくわ」

ズズズズッ

ズウンッ!
820-18
ミンク族「わぁ〜〜!」
ミンク族「島が揺れてる!」
ネコマムシ「象主が鳴きゆうぜよ!何事じゃ!!」
イヌアラシ「すごい揺れだ!今までこんな事は…」

ルフィ「え⁈誰の声だ?」
820-17

まとめ

また今回も新しい事実が明らかになりました。
イヌアラシとネコマムシはおでんと共に白ひげとロジャーの船に乗っていたことがあったんですね。
さらに白ひげ亡き今の元白ひげ海賊団と黒ひげ海賊団の戦いがあり、マルコ達が負けてしまっていたこと。
そしてルフィらがサンジの元へ向かおうとしていた矢先、ジャックの巨象襲撃がされたこと。
毎回盛り上がっていくワンピース。
さらなる新展開が楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする