ワンピース 第846話「タマゴの警備」 あらすじ ネタバレ

サンジはプリンとの結婚を決意し、ルフィらを助けるために。

しかしルフィはサンジを連れ戻すためにビッグ・マムの怒りの軍隊に襲われています。

その頃、ビッグ・マムの持つポーネグリフを探しに行ったブルックとペドロは…

Sponsored Link

スイートシティのはずれ

容赦なく襲いかかるビッグ・マムの怒りの軍団。

img_1905

ルフィ「ナミ!!」

ビッグ・マム軍「油断したわ。まさかこんな小娘があんなバカでかい雷を落とすとは」

ナミ「私にはあんな大きな雷雲は作れないけど、ビッグ・マムの雷雲を利用することはできる…」

img_1906

ビッグ・マム軍「マジかよ麦わら!とても一晩中クラッカーの兄貴と戦ってたとは思えねえ!」

ビッグ・マム軍「ははははっ!」

ルフィ「ゼエゼエ…」

ナミ「ルフィ!!!」

ルフィ「うわああぁ!いてえ!」

img_1907%e3%81%ae

ナミ「ルフィ!避けて!!」

ズドォン!!

ドサッ

img_1908

ナミ「あっ!」

img_1909

ビッグ・マム軍「ホーミーズであるチェス戒兵たちがまともに戦えなかったのも、あんたたちが迷いの森から出てこれた理由も、やっとわかった。なぜあんたがママのビブルカードを持っているの?!ローラと書いてあるわ」

ビッグ・マム軍「ローラ?!あいつから奪ったのか!?何てこった殺されたのかあの家出娘!」

ナミ「違う!友達よ!もらったの!」

img_1910%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ビッグ・マム軍「どうだか…。ママに話すんだな。残念ながら指令はお前たちの生け捕りだ。…いくぞ」

グイッ

ルフィ「…おれは…ここで」

img_1910

ホールケーキ城

img_1911

ビッグ・マム「いいよ」

サンジ「!?ホントか?!」

ビッグ・マム「ああ〜ホントだよ。筋道さえ通ってりゃおれは話のわかる女なんだ!現お前の仲間、麦わらの一味を全員生きてこの島から出す。約束しようじゃないか」

サンジ「ありがてえ!おれは必ずプリンちゃんを幸せにするよ!」

ビッグ・マム「ハ〜ハハハ、ずいぶん娘にホレてくれたね!何よりだ」

img_1912

ビッグ・マム「言っておくが、麦わらたちがこのおれにしたことは本来許されることじゃねえぞ!?迷いの森を破壊し、うちの将星を一人消し、魚人島ではおれの菓子を食った挙句、喧嘩を売った」

img_1912%e3%81%ae

ビッグ・マム「だが今はお前たちの結婚だけが最優先!うまくいけば明日の今頃はジェルマの軍事力を得てみんなで、美味しいウェディングケーキを食ってる頃さ!お前が逃げなきゃ全て丸く収まるんだよ、サンジ!」

サンジ「ああ」

img_1914




Sponsored Link

ホールケーキ城内「宝物の間」

img_1915

タマゴ男爵「全世界において!数百年もの間、決して砕けることのなかった碑石のテキスト、ポーネグリフは約30個存在すると言われているのだボン」

img_1917

タマゴ男爵「その内、情報を持つ石が9個!それらを最後の島ラフテルに導いた時、石はこの世の真実を語り始めるでソワール。しかし、ラフテルに行くためにはロードポーネグリフが4つ必要!先日ジンベエがもたらした石ひとつを含め、我がビッグ・マム海賊団はポーネグリフ2つとロードポーネグリフ1つ、計3つの石を所有している」

img_1918

スムージー(ビッグ・マム海賊団3将星)「大切なのはわかっているが、なぜ今急に警備を強化したのだタマゴ?茶会までヒマだ。警備に付き合うのは構わぬが」

img_1919

タマゴ男爵「5年ほど前、この島に現れた元海賊団船長ミンク族のポーネグリフ泥棒が、どうやら今、再びこの島に潜入してスフレ。当時ペコムズの嘆願で命を拾った男…なぜまた挑むのか、ペドロ!」

img_1920

タマゴ男爵「とにかく赤い石ロードポーネグリフはいわば海賊王への道!四皇どうしが奪い合うレベルの代物。我々はママのために命を賭して、この切り札を守りきるでショコラ!」

ホールケーキ城内 「宝物の間」付近の酒貯蔵庫

img_1921

ペドロ「増えた!?」

ブルック「ええ、将星と呼ばれていました。」

ペドロ「将星!?大幹部のことだ!絶望的だ。いよいよもって完璧な警備…夜間にも一瞬の隙もない…タマゴにおれの存在がバレた時点で望みは消えてか…」

ブルック「先日のペドロさんの話に感動しました。ルフィさんが海賊王になるためにはロードポーネグリフは必ず必要になる石。しかしここへまた来るにはきっと至難の業。むしろ本気で来ようとする程、ビッグ・マムと正面から戦うことになり、みんなでここにたどり着くことはできない。今は類まれなるチャンスなのかもしれない。」

ペドロ「…だが、切り込めば二人とも死ぬ」

ブルック「タマゴ男爵の狙いは?」

ペドロ「…おれだな」

ブルック「ペドロさん、囮になってくれませんか?」

ペドロ「おれも丁度、それを考えていた!」

img_1922

まとめ

ルフィ、ナミはビッグ・マムの軍隊にやられてしまいました。

しかしサンジがビッグ・マムとの話し合いにより、無事を約束させましたが、今後どうなっていくのでしょう。

そして、ブルックとペドロの作戦はうまくいくのか気になるところです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする