ワンピース 第843話「ヴィンスモーク・サンジ」 あらすじ ネタバレ

ビッグ・マムの城へと向かうことになってしまったサンジ。

その頃ルフィはビッグ・マムの幹部、3将星クラッカーとの決着にケリをつけたところでした。

いよいよサンジ救出へ…

Sponsored Link

ホールケーキ城

img_1797

オオオオオオォォォ

ボコーン!

バコォン

img_1798

ビッグ・マムの手下「3将星カタクリ様、同じくスムージー様が!」

ビッグ・マム「久しぶりだね3人揃うのは。クラッカーはまだ帰らないのかい!?」

ドゴォーン!!

img_1799

モンドール(シャーロット家19男)「あ、兄貴!!」

ガレット(シャーロット家18女)「クラッカー兄さん!」

モンドール「どこのどいつだ!」

ガレット「兄さんは確か昨夜麦わらのルフィを始末しに森へ」

オペラ(シャーロット家5男)「どこから飛んできた!?敵は近いファ」

img_1801

ビー

ビー

緊急警報だ〜〜〜!

外に出るな、帰宅命令が出たぞ!

3将星クラッカー様がやられた!

誘惑の森

img_1802

ルフィ「ハァ、ハァ…」

パウンド「すまないのよね、逃げてて。どうせ負けると思って」

ナミ「ルフィ、だいぶ縮んだんじゃない?」

ルフィ「ギア4はエネルギー使うからな」

ナミ「とにかく、勝った〜〜!」

ホーミーズ「」わしらはなんてことを…わしらホーミーズにとってママのビブルカードが絶対なのはわかっていた。だからこそ今ではママの子供でさえそれを持つことは禁じられている。なぜお前が…」

ナミ「そうなの!?いよいよ貴重なものだとわかってきた」

img_1803

パウンド「しかしこれは一大事なのよね。前に将星スナックがうたれた時は、復讐のクラッカー軍が海を黒く埋め尽くし、怒りのリンリンが嵐を呼び、瞬く間に敵船を海に沈めたと聞くのよね…」

ナミ「嵐!?」

img_1804%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

パウンド「リンリンは天候を従える女!!左手に雷雲ゼウス、右手に太陽プロメテウス!怒れるビッグ・マムを止める術はないのよね!これがリンリンの耳に入る前に早く逃げるのよね!」

ナミ「天候を…」

img_1804

ルフィ「そんなもん怒らせときゃいい…ハアハア…怒りてえのはおれの方だ!だいたいよ、サンジのやつ手紙おいて突然消えやがって!理由も言わねえでよ!」

img_1805

ルフィ「プリンの地図のおかげでここまでこれたけど、ペコムズは消えるし、プリンはサンジを連れて来てくれるって言ってたのに約束した海岸には誰もいなかった。迷い込んだ森でこんなに時間くって、結婚式をしたらサンジはビッグ・マムの仲間になるんだろ!?」

ナミ「式はいつかな。今日、式場のある城へヴィンスモーク家が入城するって言ってた。早く入城を止めなきゃ!」

ルフィ「おい、木!お前城知ってるよな?おれを城まで運べ!絶対サンジを連れて帰るんだ!」

img_1806




Sponsored Link

チョッパー「大丈夫だ!ナミ。うまくいけばお前らにも、ブルック達にもすぐ…」

キャロット「ギャーーーー」

ナミ「大丈夫そうじゃないけど!?チョッパー!」

img_1807

チョッパー「どっちにしろ、外から助けてもらえる場所じゃない。先に進んでく、、、おわーーー!」

キャロット「ナミ、心配しないで!私たちは平…キャーーーー!」

ナミ「…不安しかないわ!私たちサンジ君を捜しに行くところ!」

チョッパー「わかった!連れ戻せたらまたこの鏡に話しかけ、、ぎゃー」

ナミ「きゃっ!割れた!もしもし、チョッパー!!?キャロット!?」

ホーミーズ「おい、娘!運がいいな。いたぞ、ジェルマ66だ」

ルフィ「サンジ見えるか?!」

img_1808

ルフィ「おーーーーいサンジ〜〜〜!!」

ヨンジ「え!?あの野郎ナワバリを超えてここまで!?」

サンジ「…!?」

ナミ「サンジくーん!よかった間に合って!もう会えないかと!」

サンジ「なんであいつらここに」

ジャッジ「あれは麦わらのルフィか」

img_1810%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ルフィ「迎えに来たぞサンジ〜〜〜〜〜〜!」

img_1810

ルフィ「戻るって手紙に書いてあったけど待つのやだし、ん?」

img_1811%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

img_1812%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ナミ「ちょっと何してんのサンジくん!」

サンジ「帰れ、下級海賊」

ルフィ「…!」

サンジ「おれの名はヴィンスモーク・サンジ。ジェルマ王国の王子だ。隠してたことは悪かったよ。言えばお前らがみじめでね。おれとお前らとの身分の差は一目瞭然。ここにいりゃ金も兵士も召使いも使い放題。」

img_1812

サンジ「またあのくだらねえお前の仲間たちの船へ戻るのと、ここで四皇ビッグ・マムの美しい娘を妻にもらい暮らすのと、どっちが幸せかなんて比べるまでもねえよな!あんな手紙間に受けてんじゃねえよ!おれは戻らねえ!」

img_1814%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ルフィ「何言ってんだ!?納得できるか!」

ヨンジ「ハハハ、よし、追い払うの手伝ってやるよ!」

サンジ「手出すな!おれが追い払う…!」

img_1814

まとめ

やっとの思いでサンジとの対面を果たしたルフィですが、サンジは手につけられた爆発する手錠と、ルフィ達やジェフの身を案じて、偽りの姿でルフィと接してしましました。

簡単に引き下がるルフィではないと思いますが、サンジの周りにはヴィンスモークの兄弟とジェルマもいることから、簡単には物事は進まなそうです。

さらにビッグ・マムの3将星のクラッカーを倒したことにより、ビッグ・マムも起こっていることでしょう。

いよいよ決戦の時は近いかもしれませんね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする