革命軍参謀総長「サボ」

ゴーグル付のシルクハットや青い上着をトレードマークとしているルフィとエースの義兄弟であるサボ。
現在は革命軍のNO.2の参謀総長になっています。

ワンピース 革命軍とは!?
ワンピースに登場する革命軍。 彼らはどんな活動をして、何を目的にしているのか詳細は不明です。 ただ分かっているのは世界政府を倒そうとして...
Sponsored Link

サボとエースとルフィ

12年前、「不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)」に住んでいました。
5歳の頃にエースと出会い、グレイターミナルの隠れ家を根城にしてエースとともに5年にわたって、海賊になるための「海賊貯金」を貯めたり強さを磨きあっていました。

SN3L0156

その後ルフィが山賊ダダンのところに預けられたことから、海賊貯金のためブルージャム海賊団の手下の金を奪ってしまうことで手下のポルシェーミにルフィを攫われ拷問に遭わされてしまいます。エースとサボ二人がかりでなんとかポルシェーミを倒しルフィを救出しますが、この件で本格的にブルージャム海賊団に命を狙われることになり、身をひそめるためサボもダダンの所で住まわせてもらうことに。
やがて、エース・ルフィ・サボの3人は、コルボ山だけではなく中心街にもその悪童としての評判が広がるようになっていきます。
3人で力も磨き合いそれぞれ成長していきました。
サボ2
頭に血が上ったエースを止めたりするなど冷静さを併せ持ち2人の仲裁役になったりルフィに対してエースより甘く接していて、その頃からルフィに対して兄としての優しさを見せていました。
ゴア王国の貴族の出身で、サボ自身も貴族の家系に生まれましたが、貴族の差別意識や残忍さに嫌気が差していて、海賊になることに強い憧れを持っていました。
「ブルージャムの一件」や「ゴミ山の 火事」で貴族への失望感は限界を超え、幼いながらもルフィ、エースよりも一足先に海賊になるため一人海へ飛び出しますが、その矢先に天竜人の乗る船から襲撃を受け、記憶を失い、義兄弟の顔や自分の名前さえ思い出せなくなってしまってしまいました。
しかしゴア王国に戻される事だけは強く拒絶し、そのまま革命軍の船で成長していくこととなったようです。

サボ12
長らく消息不明であった(ルフィやエースを含め、幼少期の彼を知る者のほとんどはこの一件からサボは死亡したと考えていた)が、現在はルフィの父・ドラゴンが率いる革命軍の参謀総長を務めています。

サボ8
自分の用件だけ話して相手側の話を聞かずに通信を切ったり、ルフィに対しては立場をかなぐり捨てて感情だけで行動に出たりする描写がみられます。
その点でコアラやハックから怒られる事も。
何もできずにエースを失った悲しみがトラウマになっており、そのせいで元々優しかったルフィへは兄弟2人として幼少時代よりも気にかけています。
ルフィに助けを求められれば、それこそ自分の立場も捨てて駆けつけると藤虎に語っていました。

サボ13




Sponsored Link

サボの強さは!?

背中に身の丈ほどの長さの鉄パイプを差しており、戦闘の際にはこれを棒術のように振り回して白兵戦を行う。
これは幼少期の頃から使用してきた戦い方で、その時点での戦闘力はエースに匹敵するほど高く、ルフィも加えた三人で大型の野生動物をも仕留めていました。

サボ7
「竜爪拳」という武術と覇気を体得しています。
この二つを掛け合わせて繰り出す攻撃は凄まじい威力を誇りまた、メラメラの実の能力者となった事でメラメラの実の能力と鉄パイプに能力を行使する事もできるようになり、叩き付けた個所を発火させたり、鉄パイプそのものを燃え 上がらせて振り回したりといった戦い方もできるようになり、サボの強さが一段階強くなったと言えます。
メラメラの実は先代の能力者であるエースが死亡した事で復活したメラメラの実を食べて能力者となりました。
体を火に変化させ、あらゆるものを焼き払う、攻守共に強大な力を持つ自然系の能力であるメラメラの実。
しかし、能力者になったばかりなので完全な意味でコントロールできておらず、うっかり能力を暴発させたり、体を火に変えて攻撃を受け流せるのにわざわざ避ける動きをしてしまったりしている。  
竜爪拳とメラメラの能力を組み合わせたその威力は一層増大され、新世界に名を轟かせる黒ひげ海賊団のバージェスをも吹き飛ばすほどの強烈な一撃を繰り出します。
竜爪拳の技を使用する際に武装色の覇気を併用しているようです。

サボ15

まとめ

革命軍として活動をしているサボ。
さらに成長した姿は革命軍のナンバー2というほどの強さで、ルフィにとっては最も心強い味方の一人でしょう。
ドレスローザで再会を果たした兄弟の連携をこの先も楽しみにしたいところです。

サボ1

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする