ワンピース 世界政府公認の世界会議(レヴェリー)とは

レヴェリーとは4年に一度、世界政府加盟国の代表や政府の要人らが世界中から「聖地マリージョア」に集まり行われる公式の会議です。
各国の王は4年に1度、政府の本拠地マリージョアにて世界会議(レヴェリー)を開催し世界情勢について話合っています。

Sponsored Link

ワンピース本編で少しレヴェリーの描写が描かれて至りました。

8年前の世界会議では、イルシア王国国王タラッサ・ルーカスにより革命家モンキー・D・ドラゴンを警戒するよう警告が発せられたのもこのレヴェリーです。
さらに魚人島の王妃であった「オトヒメ」がレヴェリーで魚人島と海上の人間が共に暮らせるよう著名を集め、レヴェリーで提案しようともしていました。
その思いを継いでか、今年行われる予定の世界会議では、リュウグウ王国国王ネプチューンにより魚人島民の海上移住が提唱される予定でもあります。

世界政府加盟国

国際統治組織世界政府を形作るものが加盟国であり、政府は間接的に世界中を統治しています。
加盟国は約170ヵ国以上に上っており、政府はそれら加盟国に一定の介入などが出来る。
加盟国の中身は主に君主制の王国であるようです。
主な加盟国は
東の海
◇ゴア王国
東の海に位置する国家で、東の海で最も美しい国と言われる。
しかし、その実態は国の中心部を壁で囲み、中流階級以上の国民のみを住まわせている偽りの美し さで、壁の外側は貧困層や犯罪者が壁の内側から出るゴミにまみれて生活するスラム街となっています。
あまりにも中心部から離れた部分に関してはのど かな農村地帯となっており、中心部にはその存在すら忘れ去られているという。
サボはこの王国出身であり、王国の考え方についていけないようでした。
レヴェ9

西の海
◇イルシア王国
旧ドラム王国(現サクラ王国)の、ルフィ対ワポル戦の最中に突入した回想シーンで、世界政府に加盟している国の王が集まる 「世界会議(レヴェリー)」 が行われています。
この会議で革命家ドラゴンの写真を見せながら、ドラゴンについて話している人が、西の海(ウェストブルー)にある、イルシア王国の国王 「タラッサ・ルーカス」

レヴェ5

北の海
◇ルブニール王国
ルブニール王国とは、モンブラン・ノーランドが探検家・植物学者として所属していた国です。
ノーランドの子孫クリケットの家のモデルはこのルブニール王国でした。
ドレスローザ編の回想で、コラソンとローが訪れた島がこのルブニール王国ではないかと言われています。

レヴェ11

グランドライン
◇サクラ王国(旧ドラム王国)
チョッパーの故郷であるグランドライン前半部のドラム島にある国家で、王国の領地であるドラム島は島の全域が雪に覆われる非常に寒い冬島です。
かつては医療大国として有名でしたが、先代国王にしてドラム王国最後の国王ワポルの悪政によりそれは過去の栄華となっtしまいました。
また、数年前に黒ひげ海賊団の襲撃を受けており、その当時の王であった「ワポル」は医師を引き連れて逃げ出していまします。
ルフィの活躍によりドルトンが王を引き継ぎ、現在は名をサクラ王国に変更して国の立て直しを図ってます。
 レヴェ13

レヴェ14




Sponsored Link

◇アラバスタ王国
グランドライン前半のサンディ島(アイランド)にある砂の王国。
世界政府創造に関与した20の国家の一つ。
広大な土地の大半を砂漠が占めています。
王位継承と共に密かに継承される「歴史の本文(ポーネグリフ)」には、古代兵器「プルトン」の在処が記されていて、それを知った当時王下七武海の一人であった海賊サー・クロコダイルは、秘密犯罪会社バロックワークス(B・W)を立ち上げ、プルトンを得る為に「ユートピア」と称する作戦を決行。
その結果、クロコダイルに国を奪われる危機に直面したが、麦わらの一味の力を借りて危機を脱し、その後まもなく活気を取り戻すことに。

レヴェ17

◇リュウグウ王国
レッドラインにある世界政府の本拠地「聖地マリージョア」の真下、海底10000mにある魚人島を治める人魚族による王国。
約200年前、魚人族と世界政府の間に魚人族や人魚族に対する差別撤廃等を含んだ条約が交わされ政府に加盟ました。
この王国の治める魚人島は、マリージョアを通れない海賊達にとってグランドライン前半部から新世界へ進む唯一の航路であるため、大海賊時代到来以後多くの海賊やそれを取り締まる海軍が島に押し寄せ、人魚の誘拐などが行われ島は廃れてしまいました。
しかし、国王ネプチューンに恩のあった四皇「白ひげ」の縄張り宣言により状態は一変し、王国は平穏を取り戻します。
マリンフォード頂上決戦で白ひげが戦死した後は、同じ四皇の“ビッグ・マム”に上納品を出す事を条件に保護してもらっていました。
 レヴェ3

◇ドレスローザ
グランドライン「新世界」に位置する国家で、王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴが国王を務めていた国。
「愛と情熱とオモチャの国」と呼ばれ、訪れた者は『花の香り』『料理の香り』『島の女性の踊り』『生活するオモチャ』に心を奪われるという。
国は本島と小島(グリーンビット)で構成されており、グリーンビットは周辺海域に生息する凶暴な魚(闘魚)のせいで船で近づくことができない。
ドフラミンゴ率いるドンキホーテ海賊団などのドンキホーテファミリーが非常に強い権力を持っており、彼らが所有する建物では警官すら気安く入る事は出来ない。
800年前までドフラミンゴの先祖であるドンキホーテ一族が統治している国であったが、同一族が世界政府創設に伴い政府の本拠地聖地マリージョアへ移住するため、リク王一族に王権を譲渡し国を去った。
しかし、10年前にドンキホーテ一族の末裔であるドフラミンゴが海賊団を引き連れ帰還し、リク王一族を排除して王権を再び握ることに。
ルフィやローたちによりドフラミンゴの支配から解放され、かつての王「リク・ドルド」が国を立て直すことに。

レヴェ16

まとめ

このほかいくつもの国々が世界会議(レヴェリー)に参加することになるのだと思われます。
4年に一度のレヴェリーではどんなことが話されるのことになるのでしょうか。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする