ワンピースあらすじ考察 プリンの「メモメモの実」の能力とは!?

サンジとプリンの結婚はどうなるのか。

ジェルマとビッグ・マムの血縁を結ぶための戦略結婚ですが、ビッグ・マムの真の企みも明らかになってきました。

花嫁であるプリンの正体も…

ワンピース考察 シャーロット・プリンの正体は!?

Sponsored Link

プリンの本性…

ついに本性を現したプリン。

これまでルフィやナミたちに屈託のない笑顔で、サンジとの結婚について触れ、ルフィたちを信じこませ、誰も周りに味方がいない状態になってしまったサンジには優しい言葉をかけ、サンジからのプロポーズを受け入れました。

どれもプリンの演技だったのです。

ビッグ・マムの35番目の娘であるプリンは、その演技力はビッグ・マムのお気に入りで、大変大事にされているとのこと。

そのためビッグ・マムに頼まれて「男を騙す」ことを簡単にこなしていたのです。

以前にビッグ・マムが腹を立てて部下を食べていた時に、すぐ横にいた「三つ目」の女の子はやはりプリンだったのでしょう。

このおでこにある三つ目の瞳はなんなのでしょう。

ルフィやサンジと話している時には三つ目は開いていませんでした。

この目が開く時は本性を晒す時なのでしょうが、能力と関係もありそうですね。

ビッグ・マム一味の能力は…

プリン以外のビッグ・マム海賊団の能力で明かされているのが、

ビッグ・マムの「ソルソルの実」の能力は人から寿命を奪い取り、様々なものを擬人化することもできる能力。

そのように作られた擬人を「ホーミーズ」としてビッグ・マムは意のままに操ることができます。

ワンピース考察 ビッグ・マムの能力は寿命を奪う!?

ビッグ・マムの娘である「シャーロット・ブリュレ」の能力は「ミラミラの実」により、鏡の特性を生かし、相手の攻撃を反射させたり、自身を守る際にも使われます。

また鏡に映し込んだように誰かに化けることも、作り出すこともできるようです。

そして「ミロワールド(鏡の世界)」はブリュレが作り出す鏡の世界に相手を閉じ込めることができます。

ビッグ・マムの息子であり、ビッグ・マム海賊団の三将星の一人、「クラッカー」は「ビスビスの実」のビスケット人間。

ルフィのギア4でも簡単には壊すことができないほどの強固な鎧を作り出すことや、姿、形を自在にビスケットの兵隊を生み出すことができます。

ワンピース ビッグ・マム幹部「将星クラッカー」の強さは!?あらすじ考察

このように、自身の能力を使い兵隊を作り出したり、操ったりしている能力を持つものがビッグ・マム海賊団には何人もいるのがわかります。

ではプリンの能力では何ができるのでしょうか…




Sponsored Link

メモメモの実の能力とは…

プリンの能力は「メモメモの実」により、記憶を操ることができる能力です。

プリンの素性を嗅ぎ回っていたレイジュを捕らえ、プリンはビッグ・マムに指示されてサンジとの結婚をすること、その結婚式でヴィンスモーク一家を粗末し、ジェルマの科学力を奪うというビッグ・マムの真の目的を話しました。

そのことをレイジュにバラした後、レイジュのからその聞いた話をなかったことにするために「メモメモの実」の能力で記憶をすり替えてしまったのです。

レイジュはプリンにより怪我を負わされていましたが、この記憶のすり替えにより、別の兵士がレイジュに怪我を負わせたことにしてしまったのです。

動画編集のように不必要な部分を切り取ったり、別のことを差し込んだりすることができ。記憶のメモリーを自由に操ることができます。

ですので自分のいいように相手の記憶を操ることができれば、いくらでも都合の良いように騙すことができるでしょう。

また三つ目の目にはどのような意味があるのか…

「手塚治虫」さん原作の漫画「三つ目がとおる」の主人公の「写楽保介」は、普段はおとなしい無邪気な性格のごく平凡な中学生ですが、おでこに貼ってある絆創膏を剥がすと、そこには3つ目の目が隠されており、天才的な頭脳と驚異的な能力を発揮します。

これと同じようにプリンの三つ目にも能力につながる秘密がありそうです。

性格を隠すために普段は閉じているのかもしれませんが、この三つ目が開く時にはプリンの能力が最大限発揮される時なのでしょうか。

それは悪魔の実の能力の覚醒…!?

まとめ

プリンの本性はやはりビッグ・マムの娘として行動していました。

サンジとの戦略結婚もビッグ・マムの思惑通りに進んでしまうのでしょうか。

しかし真実はサンジの耳にも入っています。

サンジはどう動くのか…

ワンピース 求婚のローラが麦わらの一味を救う!? あらすじ 考察

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする