ポーネグリフとは何なのか 古代兵器?!

歴史を刻む石「ポーネグリフ」

この石には古代の文字で刻まれた空白の100年の秘密が隠されているとされています。

ではポーネグリフとはどんなものなのかまとめてみました。

Sponsored Link

ポーネグリフとは

ポーネグリフとは古代の歴史書みたいなもので、ポーネグリフは「情報を持つ石」と、「その石の在り処を示す石」とがあり、そしてリオ・ポーネグリフは「真の歴史を語る石」です。

その情報とは古代兵器の製造方法について詳しく書かれているものや、その在り処を示すもの、そしてそれ以外だとその地に起こった歴史につ いて書かれたものなど様々あるようで、そして「それらのことが書かれたポーネグリフの在り処を示す“ポーネグリフ”」も存在します。

広い意味でポーネグリフとは「情報を持つ石」と「その石の在り処を示す石」に分けられます。
ぽね3
ワンピースの世界には、世界中のどこを探しても手がかりがない空白の百年の歴史があり、リオ・ポーネグリフはその「語られぬ歴史を記録した石」で、それには明らかに敵が存在します。

なぜ世界政府がポーネグリフを恐れるのか

なぜか世界政府はポーネグリフを読むことを禁じています。
そのせいでオハラは海軍のバスターコールで消されてしまい、ロビンも悲劇的な過去を背負うことになりました。

ポーネグリフを読むことは世界府を敵に回すって事のようです。
それはすなわち「世界」を敵に回すという事です。

世界政府は、表面上は「危険な過去の遺物(古代兵器)の復活を阻止するため」と言っていますですが、何かしらの重大な理由があるはずです。

その「何か」に対する答えが「リオ・ポーネグリフ」の中にあるのでしょう。

果たしてそれは世界を滅ぼす兵器についてなのか、もしくはそれ以外の秘密かもしれません。

ぽね9




Sponsored Link

海賊王が最果ての地へ届けた

リオ・ポーネグリフは全ての「情報を持つ石」の文章を繋げることにより完成する文章で、それらは全て最果ての地ラフテルへと導かなければなりません。
海賊王ゴール・D・ロジャーもそれを持ってラフテルに行きました。
海賊王は空島の黄金の大鐘楼に「我ここに至り、この文を最果てへと導く」と、“ポーネグリフ”の文字形式で彫り残していることから明らかになりました。

ルフィが海賊王になるには必然的に歴史の解読が不可欠であるのだと思われますね。

ぽね7

•    空白の100年にはある巨大な王国があった。

•    王国が滅んだと同時に現在の世界政府ができた。

•    ポーネグリフはその王国で使われていた。

•    世界政府はその王国の存在,過去の不都合な出来事を隠すためにポーネグリフの解読を禁止した。

•    その国の思想を後世に伝える??ためポーネグリフは頑丈な石板で作られている。

•    古代兵器プルトン(アラバスタ),ポセイドン(魚人島)などのありかがポーネグリフに示されていた(空島のポーネグリフ)。

•    Dという名が世界に浸透するのを恐れ、世界政府はゴール・D・ロジャーではなくゴールド・ロジャーと呼んだ。

•    ロジャーはその文字を操れた!?

•    空島のシャンディアの人はポーネグリフを守る番人

•    空島にあった王国は800年前に滅んでいる。

•    空白のある100年の100年後から橋の建設が始まる。

ぽね6

ぽね4

まとめ

現状まだ断片的にしか明らかになっていないポーネグリフですが、物語の終盤のキーになる重大なテーマである事は間違いないですよね。
ポーネグリフに刻まれた「空白の100年」や「Dの意思」などまだまだ謎のままのワンピースの物語が明らかにされるのが楽しみです。

ぽね11

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする