麦わらの一味 3人目「航海士ナミ」

ルフィとナミの出会いはオレンジ村でバギー一味に追われていたナミをたまたまルフィが助けた形になっての出会いでした。
その後、バギーを倒したルフィと手を組むという形でナミは麦わらの一味になりました。
ルフィらの関係ない人を傷つけたりしない、筋の通っている、そしていざという時の頼り甲斐などがナミには良い刺激となり、麦わらの一味での航海を一緒に楽しんで過ごしていました。
しかし海上レストランバラティエにて偶然とある海賊の手配書を見てナミは麦わらの一味を離れてしまいました。

Sponsored Link

育ての母「ベルメール」

元女海兵。
海兵だった頃に戦場で孤児となってしまっていたナミとノジコと出会い二人の母親代わりとして育ててきました。

ナミ14
海兵を退役してからはみかん畑を営み、ナミやノジコと家族として過ごしていました。
ナミとノジコのことを本当の娘として接し、男勝りな性格で、それがナミとノジコにも大きく影響を与えています。

ナミ18
しかしある日魚人アーロンの海賊団がココヤシ村を襲撃し、村人から金品を要求し、払えないものを殺すと脅迫していました。
その時ベルメールには大人一人分、もしくは子供2人分の所持金がなく、ナミとノジコを救うため自分自身はアーロンに殺されてしまいます。

ナミ15

アーロン一味幹部ナミ

ナミの海図を書く才能を見抜いたアーロンはナミに海図を書かせるために一味にひきれます。
ナミはココヤシ村を1億ベリーで買い取ることを条件にアーロン一味へ入ることにしました。
そのために大きく金を稼ぐために海賊船から盗み取ることで稼ぎを上げていきます。
麦わらの一味から離れたナミを連れ戻すためにアーロンパークに潜り込んだウソップを刺したように見せ、アーロン一味から逃したりと、アーロン一味に完全には染まっていないナミでしたが、彼らの登場がアーロンから不本意な詮索を受けることになり困惑することに。

ナミ33




Sponsored Link

ココヤシ村が反旗をひるがえす

海賊船を襲い金品を盗むことを繰り返していたナミは目標の金額だった1億ベリーまであと少しのところまできました。
しかしここで海軍大佐ネズミが裏でアーロンと話を合わせて、ナミの金品を押収しにきました。

ナミ27

ナミ24
ココヤシ村の村民はみんなナミが本意でアーロンの元へ行ったのではないと知っていて、いざナミがアーロンの元から逃げたしたいと思った時に足枷にならないようにナミを嫌っていたように装っていたのです。
しかし海軍とアーロンによる理不尽なやり方に我慢の限界を迎え、村民は死ぬ覚悟でアーロンに立ち向かう決意をしたのです。

ナミ31

当たり前だ!ナミが麦わらの一味へ

海軍大佐のネズミに金を押収されたナミは、この一連の動きはネズミとアーロンが繋がっていることに気づきアーロンに詰め寄りますが、アーロンに一蹴されてしまいます。
村人たちは決死の覚悟でアーロンと戦いに行き、今まで貯めていた金を海軍に押収され、アーロンの元からは離れられず失意に落ちているところで、一度は裏切ってしまったルフィに助けを求めて、頼ることに。

ナミ21
ルフィはゾロたちとともにアーロンパークに攻め立て、アーロンを打ち取り、ココヤシ村はアーロンの支配から救われることになりました。
これによりアーロン一味から解放されたナミはルフィの3人目の仲間として麦わらの一味に正式に加わることになりました。
ナミ22

まとめ

このエピソードはワンピースの中で序盤の話ですが、たくさんある中で個人的に一番好きなエピソードです。
ルフィの仲間思いで頼れるキャプテンとしての姿がよく出てるエピソードだと思います。
ナミ30

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする