劇場版「ONE PIECE FILM GOLD」新キャラクターデザイン公開!革命軍!?

アニメ「ワンピース」の劇場版最新作が7月23日公開になります。
「ONE PIECE FILM GOLD」この劇場版の今までに発表されていたキャラクター以外の新キャラクターが週刊少年ジャンプ内のグラ箱GOLDで公開になりました。

まだラフデザインのみでしたがかなり濃いキャラクターで、しかも設定が驚きの人物です。

Sponsored Link

新キャラクター「レイズ・マックス」

マックス1

新たなキャラクターデザインが公開されました。
その名前は「レイズ・マックス」
もちろんこの新キャラクターもワンピース原作者である尾田栄一郎先生の書き下ろしです。
キャッチフレーズが「伝説のギャンブラー」
キャッチフレーズとは一言でそのキャラクターがどんなキャラクターであるかを表す言葉ですが、伝説のギャンブラーとは。
今作の劇場版は巨大な黄金船が舞台になるようですし、その船には劇場版のサブタイトル「GOLD」の象徴のように莫大なお金が連日動いているであろうカジノがあるようです。
カジノのオーナーはゴルゴルの実の能力者グラン・テゾーロ。
このゴルゴルの実はどんな能力なのかはまだ明かされていませんが、金を自在に操れるとしたら、新キャラクターの伝説のギャンブラーマックスは商売敵になるのでしょうか。
伝説のギャンブラーと謳われているマックスの正体はなんと「革命軍」とのことです。
今までに革命軍と麦わらの一味の直接の絡みが物語で描かれていたのは、ドレスローザで再会を果たしたルフィとサボの時くらいだったと思うのですが、劇場版ではどのようなどんな絡みがあるのでしょうか。

Processed with MOLDIV




Sponsored Link

制作快調!制作陣からのコメントも!

「STRONG WORLD」「Z」でもその腕を発揮したワンピースの劇場版には欠かせない人物、キャラクターデザイン・総作画監督である佐藤雅将氏。
「またこの季節がやってきました。3度目になりますが、今回も新鮮な気持ちで取り組めています。お楽しみに」

2012年に公開した劇場版「ONE PIECE FILM Z」で美術監督を担当した小倉一男氏。
「前作に続いて今作も美術監督をやらせていただくことになり、背景スタッフ共々新劇場版公開に向けて日々頑張っています。今作もまたド派手なロケーションなので全体のカラーも楽しんでいただけると思います」

「ファイナルファンタジー7~9」の舞台も手がけた名職人、劇場版「ONE PIECE FILM Z」で美術設定を担当した、須江信人氏。
「前作に続き美術設定をさせて頂くことになり、皆さんを驚かせる舞台を造っております。今回はほぼ全ての設定を3Dモデルで起こしています。緻密な世界観をお楽しみください」

まとめ

個人的に好きな劇場版は「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」です。
劇場版は通常の原作とは異なる世界観を観ることができるので毎回楽しみです。

そして劇場版オリジナルキャラはとてもユニークで設定も元海軍大将であったり特殊なことが多く、今回は革命軍も絡んできそうな展開です。

公開が待ち遠しいですね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする