ワノ国の将軍になる男「モモの助」 ネタバレあり

ワノ国の侍、錦えもんとともにパンクハザードで出会ったモモの助。
小さいながらも武士としてのプライドを持つワノ国の子供です。

Sponsored Link

ワノ国の侍 錦えもんとモモの助の謎!?


以前記事にした錦えもんとモモの助ですがゾウに向かった理由は光月家の兄弟分であるモコモ公国に会えたことで次第に明かされてきそうですね。
彼らの手が必要になって助けを求めに来たのかもしれません。

ワノ国の将軍になる男モモの助

モモ16

世界政府が立ち入りを禁じていた島「パンクハザード」でそこで元世界政府科学者シーザーによる人体巨大化実験の実験体として島に閉じ込められてしまう。
しかし、武士としての誇りか食事を頑なに拒み続け、結果的にシーザーが子供達を島に縛り付けるた めに投与していた覚醒剤入りキャンディーを食べずに済んだため他の子供達のように巨大化も覚醒剤中毒も発症する事はありませんでした。
しかし、その空腹のあまり研究所を彷徨っている最中、偶然見つけた試作品の人造悪魔の実を食べてしまい龍に変身する能力を持つ体になってしまいました。

モモ4
その後ルフィらとともにパンクハザードを抜け、ドレスローザからゾウへ。
ゾウでは遅れていきた錦えもんとカン十郎と出会い、錦えもんとは親子ではないことが打ち明けられました。
さらにミンク族のネコマムシ、イヌアラシらがモモの助の父率いる光月一家と兄弟分であることが明かされました。
そしてその息子であるモモの助に対しても敬意を払う様子が見られました。

モモ17




Sponsored Link

人造悪魔の実で龍人間に

パンクハザードに監禁されていた際に誤って食べてしまった人造悪魔の実、通称「スマイル」。

しかしモモの助が食べてしまったのは人造悪魔の実の中でも失敗作だったようです。

モモ6
おぞましい記憶が蘇ると混乱して空をも飛べるなどまだ通常の悪魔の実の能力とは何かしら違う部分がありそうですがモモの助は龍になれる能力を手に入れました。
モモ9

モモ20
ドレスローザの地下工場でドフラミンゴの支配下により製造されていた動物系の人造悪魔の実。
シーザー・クラウンが製造する薬品「SAD」を原料に、ドレスローザの地下にある「SMILE工場」で作られていました。
工場内の河川に「SAD」を流し込み、それを果樹に吸わせあらゆる植物を育てることができるトンタッタ族の力で「SMILE」を生み出していたようです。
トン タッタ族曰く、とても不自然な果実で、「SMILE」として使える実は収穫量の10分の1以下。
四皇カイドウはこれを使い、すでに何百人もの能力者軍団を組織しているといわれています。
しかしルフィら麦わらの一味によりSMILE工場が破壊され、ドンキホーテファミリーが壊滅したことでSMILEの製造は完全に停止してしまいます。
そのことで取引相手であった四皇カイドウの怒りを買うことになってしまいそうです。
さらに以前ドフラミンゴがモモの助を狙っていました。
ワノ国の光月一族の倅ということを知っていたのかもしれませんし、ただ単にそれだけではなくまだモモの助には何か隠された秘密がありそうですね。

ドフラミンゴがモモの助を狙っていたのは人造悪魔の実を食べてしまう前でしたし、ただ実験台にしたかっただけとは思えません。

モモ19

まとめ

今までの中でも仕草や言葉つかいで気位の高い感じは出ていましたがまさか本当に将軍の息子出会ったとは驚きましたがこれからの展開で重要な役割を持っていそうですね。
果たして間違いで食べてしまった人造悪魔の実の力、影響は何なのか。

モモ5

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする