ワンピース考察 モモの助の力とは!? 古代兵器!?

四皇「カイドウ」の腹心の「早害のジャック」がゾウに攻撃を繰り出しました。
すでに滅ぼしたモコモ公国に再度出向き、滅ぼすだけではなく巨大な象ごと滅ぼそうと目論むとんでもない行動にでました。
しかしジャックの襲撃をモモの助とズニーシャの意思疎通により撃退しました。

Sponsored Link

ズニーシャとモモの助の意思疎通

「命じてくれ」
「負けるなゾウ!ジャックを追い払ってくれー!」

わん9のコピー
モコモ公国の土地とも言うべき巨大な象「ズニーシャ」
誰しもがこのズニーシャと会話が出来るなど考えも及ばなかったようです。
モモの助はゾウのくじらの森の辺りからズニーシャの声を感じていました。
その声はジャックのゾウへ攻撃により、より具現化されたのか、声がはっきりと、大きな声となり、モモの助に届いたのでしょうか。

モモ2
この時モモの助の他にルフィにも聞こえていました。
ズニーシャは過去にも声を発していました。
その声を聞いたのはかつての海賊王である「ゴール・D・ロジャー」とモモの助の父親であるワノ国光月一族の「光月おでん」
しかし、ロジャー、おでん、ルフィには何者かの声が聞こえるだけで、彼らの声はズニーシャには届かなかったのです。

ズニーシャが犯した罪とは!?

ズニーシャは遥か昔に大罪を犯し、歩く事しか許されないと言っていました。
罪を犯したことにより、他の行動はゆるされないのです。
一体だれが1000年生き続けているズニーシャに命じたのか。
ルフィはおろか、ロジャーやおでんが生きていた頃よりも遥か昔の出来事と考えられますが、この巨大な象に飼い主などがいたのでしょうか。
しかし普通に考えて、ものすごく巨大な身体であり、一度攻撃するだけでジャックの一団を吹き飛ばすほどのズニーシャ。

わん7
この象が好き勝手に暴れてしまえば、いくつもの国々が滅んでしまうのではないでしょうか。
そこでズニーシャは何者かと考えた時に、思いつくのはワンピースの謎の一つでもある「古代兵器」でしょう。
ポセイドンとは海王類を操ることが出来る力を持つ魚人島の人魚姫「しらほし」です。
プルトンはかつてフランキーが設計図を持っていたように、設計から創り上げられたとされる戦艦といわれています。
その威力は一度放てば島一つ消し去るほどの威力だといわれています。
では残る一つの「ウラヌス」に関係があるのかもしれません。

ワンピース 古代兵器「ウラヌス」とは!?
世界政府からはポーネグリフを読むことを禁じられています。 ポーネグリフを読めば古代兵器の復活が可能になり世界に危機が及ぶと言われています。...




Sponsored Link

モモの助の能力とは!?

モモの助はズニーシャの声を聞くことができ、モモの助の声をズニーシャに届けることができました。
その他にもくじらのの森付近に居ながらして、異変が起きたゾウへの攻撃を見ることができました。
「見る」というと少しニュアンスが違うかも知れません。
もしかしたらズニーシャの見ていたものがモモの助に届けられたのかもしれません。

ウソップもドレスローザで遥か遠くの状況を感じ取り、狙撃に成功しています。
ウソップの場合は見聞色の覇気の覚醒によるものだと思われます。

桃45
ではモモの助も見聞色の覇気の覚醒者なのでしょうか。
遠くののものを感じ取ったということは同じですが、これならばその場にいたウソップにも出来たはずです。
ですのでモモの助の力は覇気とはまた別の能力だと考えられます。
ズニーシャが古代兵器だとしたら、モモの助はその古代兵器を操縦するための「鍵」となる能力を持っているのかもしれません。
魚人島のしらほしが海王類を操れるように、モモの助はズニーシャを操れるとしたら巨大な力を手に入れたと感じれます。
そう考えるとモモの助の一族「光月一族」の祖先がズニーシャに「歩く事以外するな」と命じたのでしょうか。
かつての光月一族の家臣であったズニーシャが、なにか罪を犯し、歩くこと以外するなと命じられたと考えると、光月家の血を引くモモの助の声がズニーシャに届いたと自然に考えられます。
その力はしらほしのように何年かに一人しか持つことの出来ない力なのかもしれません。

ワンピース 古代兵器「ポセイドン」
ワンピースで登場する古代兵器の存在が明かされています。 「ポセイドン」「プルトン」「ウラヌス」です。 この3つはギリシャ神話に出てくる神...

まとめ

モモの助には特殊な能力が宿っているのはズニーシャとのことで明らかになりました。

さらにモモの助は人造悪魔の実「スマイル」を食べてしまい龍になる能力も持っています。

これらをモモの助自身の意思で操ることができるようになった時物語は大きな展開を迎えそうですね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする