海軍大将を目指す! 海軍コビー ワンピース

Sponsored Link

コビーはルフィが海賊としての航海を始めてから最初に逢った人物です。
その当時コビーはアルビダという海賊の雑用をしていました。
アルビダを恐れて逃げ出したいのに逃げ出せないくらいの弱虫でしたが、ルフィと出会って前向きに変わっていくのです。

こび7

コビーは!?

コビー

アルビダ海賊団航海士兼雑用→海軍第153支部雑用→海軍本部雑用→海軍本部曹長→海軍本部大佐
弱気で臆病な性格ですが自分の中の正義をきちんと持っていて、ここ一番での行動力や度胸がある人物です。一人称は「ぼく」。アルビダ海賊団で雑用をしていた時ははかなり貧弱な体格だでしたが、ルフィとゾロの影響を受けて海軍入隊。その後は背は大きく伸び、別人のように逞しくなっている姿になりました。トレードマークである大きな眼鏡は額にかけるようになり、バンダナを巻いています。新世界編ではさらに 背が伸び、ルフィと同じぐらいの背丈になっていました。
誕生日は5月13日(コ→5、B→13)

こび14




Sponsored Link

出会い

ルフィが海に出て出会った最初の人物。ある日釣りに出かけた際、誤ってアルビダ海賊団の船に乗り込んでしまい、そこの雑用として2年間もこき使われ ていました。

こび11

アルビダが拠点にしていた島に流れ着いたルフィと出会い、ルフィがアルビダを倒したことで解放されアルビダ海賊団から離れルフィとともにモーガン大佐が治める海軍基地へ。そこで捕まっていたゾロとルフィのやり取りを目にし海軍になることを決めます。それからルフィと友達になり、一時行動を共 にしていたが、海軍将校になる夢を持っていたため、シェルズタウンでゾロと入れ替わりに別れその後海軍第153支部で雑用として働くことになたのです。

ルフィ・ゾロと別れてからのコビー

ルフィとの運命的な出会いからその後はルフィの祖父である海軍本部中将のガープに鍛えられ、曹長にまで昇格し。ウォーターセブンではガープがルフィに会いたいと言っていたコビーを連れてきてルフィ・ゾロと再会することに。
身体能力は格段に上がり、六式「剃」を使えるまでの成長ぶりを見せていました。

こび2

コビーの成長

マリンフォード頂上戦争では次々と倒れていく海兵の姿に怯え、一時は敵前逃亡を図ろうとしました。何とか勇気を振り絞りルフィに挑むが、一撃でやられ気絶してしまいます。

こび9

ですが極限状態の中で「見聞色の覇気」が目覚め、敵味方の声が次々と消えていく中、海軍が犠牲を増やし続けることに耐えられなくなり追撃を続ける赤犬の前に立ち塞がり、赤犬に「正しくない海兵は海軍にいらない」と消されされそうになったが間一髪のところでシャンクスに救われます。

こび5
新世界編では大佐の地位に。

コビメッポ奮闘日記

スピンオフとしてルフィとゾロと別れたコビーの奮闘成長期が扉絵で描かれています。
その後が描かれた表紙連載『コビメッポ奮闘日記』では、ヘルメッポと2人あわせて「コビメッポ」とコンビで呼ばれ、以前は敵対していましたが今ではお互いに好敵手であると共に唯一無二の親友にもなりました。その後、モーガンの逃走事件を経て、ヘルメッポと共にガープ中将に引き取られ、海軍本部で特訓に励む日々を送ります。

こび1

まとめ

最初の登場時から見違えるような成長を遂げたコビー。
彼は海軍に所属しているのでルフィとは敵対することになりますが、友達としての関係の中これからどうルフィと絡んでいくのか楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする