錦えもんが麦わらの一味へ!?

Sponsored Link

金3

ワノ国の侍

パンクハザード編から登場したワノ国の侍「錦えもん」
この錦えもんが麦わらの一味に加わるのではないかという話題がありますが、この考察についてまとめてみました。

金1

ブルックに匹敵する高身長であり、下半身だけでもルフィと同じくらいの長身である。

錦えもんはどのような人物か?

新世界ワノ国に住む侍(本作の「侍」とはワノ国における剣士の名前である)。
侍らしさを強調したような性格であり、慈悲深く、恥を感じればすぐに切腹しようとすなど武士ゆえに非常に誇り高さがある。

女性に対しては極度な古来日本的の考え(“男性の三歩後ろを歩く”など)のを持っており、女性のナミに殴られただけで恥と感じて切腹しようとする。

その一方で、サンジやブルックに負けず劣らずスケベな一面があり、その例として、極寒の地帯を歩き回らなくてはいけなかったにも関わらず、ナミの露出度の高い姿が見れなくなるのを惜しんで、子供達が凍傷で苦しみ出すまで能力の事を明かさなかった事などが挙げられる。

そして理由は不明だが、極度に海賊とドラゴンを嫌っている。特にドラゴンに関しては、「親の敵」と言う程に憎んでいる。

金4

ルフィやスモーカー達が政府所有の島パンクハザードに来る原因を作った人物。
彼が島内で息子探しを妨害しようとした島の研究所の科学者シーザー・クラウンの手下を次々に斬り倒し、そこから逃げ延びた一部の手下が発した緊急信号をルフィ達が受信、さらにその通信をスモーカー達が盗聴した結果、彼らは続々とパンクハザードを訪れることとなった。

ワノ国では悪魔の実の能力を『妖術』と称されているらしい。また、物珍しい能力は彼らの中では大多数が『妖術』もしくは『忍術』であるらしく、能力者ではないナミやウソップの技もその類のように見えているらしい。

この他にも、覇気と思われる力で相手の気配を感じ取ることができる。
侍なだけあって高度な剣術を持っており自らの剣から炎を放ち、なおかつ炎を斬る事が出来る”狐火流”と呼ばれる流派の剣術使いである。
「切れない炎はない」

金2
また戦闘にはあまり関係が無いが、屁で言葉を話すという特技を持っている。ルフィ達が初めて切り分けられた錦えもんの下半身を発見した際、その下半身だけで喋っているように見えた(聞こえた)のはその特技から。

錦えもんの悪魔の実の能力は!?

物語中ではまだなんという悪魔の実か明らかにされていませんが、錦えもんの能力はドレスローザ編でいくつか披露されてきました。
その能力とは衣類などを作りだし、自分や指定した相手の姿を自在に変装させる能力です。
葉っぱや石などを能力の媒体とする必要があり、それ等を頭に乗せている者のみが対象となる。また、衣類の場合は脱ぎ捨てるとそのまま消滅してしまう。付け髭や着ぐるみなども作り出すことができる。

金6




Sponsored Link

錦えもんが仲間になると言われた根拠

なぜ麦わらの一味に入るのではないかと騒がれたかというと錦えもんの食べた悪魔の実が関係しています。
まだ正確な名称が明かされていない錦えもんの悪魔の実ですが、それが「フクフクの実」だとしたらコミックス59巻のSBSで載っていた麦わらの一味の悪魔の実を数字に置き換えたらという説に当てはまります。

金8
これによればバーソロミューくまも当てはまりますが。

まとめ

これから物語が進むにつれ錦えもんのことも明かされていくでしょう。
どんな応用した能力が出てきてルフィらを援護していくかも楽しみですね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする