懸賞金3億!カポネのモデルはアルカポネ!?

カポネ4

Sponsored Link

超新星の一人カポネ!

カポネ・ギャング・ベッジといえばルフィやローがルーキーだったシャボンディ諸島でその場にいた億越え、そしてのちに最悪の世代と呼ばれた中の一人でもあります。
初登場時の懸賞金は1億3800万ベリーでしたが、ビッグマム海賊団の傘下に収まったとはいえ懸賞金3億ベリーということでかなりの実力の持ち主なのでしょう。
強力な引力を持った浮遊島に自分の船ごと引っ張られていてそれからはこれまで登場機会がありませんでしたが、ドレスローザでの最後の戦いに他のルーキーとともに登場しました。

カポネのモデルはアルカポネ!?

カポネのモデルは映画「スカーフェイス」などでおなじみの「アルカポネ」でしょう。
ギャングのような風貌、ハットを被り葉巻をくわえたところ、そして名前がアルカポネの一部から取られたカポネという名前などの共通点があります。
カポネ1

カポネ2

ビッグマムの傘下に!

白ひげやシャンクス、黒ひげもおそらく傘下となる海賊団を従えていると思われます。
グランドラインの後半の海、「新世界」では と一人一人の力も大きく左右するが人数というのも重要な役割を示しているのではないかと思います。大きな相手た闘う時には自信も大きな戦力で立ち向かわなければならないのでしょう。
実際ドフラミンゴとルフィ達が戦った際もルフィ達だけで はドフラミンゴの海賊とまともにやりあうことはできませんでした。ローとの同盟そして奴隷として従わされていた海賊の力があったからこそ勝てました。
そして超新星のキッド、ホーキンス、アプーも同盟を組み四皇の一人であるシャンクスを狙おうとしていました。
新世界に行けば行くほど海賊の人数も多くなるという事がわかります。またジンベエのように国を守るために海賊の傘下になると言うこともあることから、安全を保障されるということもわかります。
カポネも自分たちの海賊団が潰されないように傘下になった、もしくはビッグマムの強さに惚れて傘下になったのでしょうか。

カポネ7




Sponsored Link

「城人間」シロシロの実の能力者

カポネは超新星の中の一人であり、初登場時のシャボンディ諸島ではその実力や能力など詳細はわからないままでした。
シロシロの実の能力で判明している力は自分の体内を城にすることです。
これによりカポネの体内では大量の人間や武器を隠し持つことができるようです。
またサンジらが取り込まれていたように城の一室として外部からの人間を取り込みそこに囲うことができるようです。ただどこからか脱出させられることもできるようですが。
一度体から離れれば元の人間の大きさに戻るようです。
そしてその本当の実力はまだ計り知れませんが、ペコムズを攻撃し気絶させるほどの攻撃力。ペコムズはカリブーを一撃で倒すほどの実力者だったにもかかわらずです。

カポネ6

まとめ

サンジを体内に取り込んだまま連れ去ってしまったカポネ。
彼もまたサンジだけではなくシーザーも狙っていたことからビッグマムの指示に従って行動しているようですが、この後の展開にも大きく関わってくるキャラクターなのでしょう。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする