ワンピース考察 カイドウと対面したキッドたちはどうなったのか!?

海賊同盟を結んだ最悪の世代であるユースタス・キッドたちの前にカイドウが現れました。

その後の展開はどうなったのでしょうか。

kai1

Sponsored Link

最悪の世代もう一つの同盟

「ユースタス・キッド」のキッド海賊団、バジル・ホーキンスの「ホーキンス海賊団」、スクラッチメン・アプーの「オンエア海賊団」
この3つの海賊団はルフィ、ローの海賊同盟と時が同じ頃別の場所で「海賊同盟」を結んでいました。

回5
キッドらはルフィ、ローたちと同じ時に新世界へ向かうために通ったシャボンディ諸島で顔を合わせています。

最悪の世代!ルフィらまとめ
超新星、または最悪の世代と呼ばれたルフィら。 このメンバーをまとめてみました。

そんな彼らも新世界へ入り己の目標のため戦力を強化していました。
ユースタス・キッドの目的は「ワンピース」
そのため他の同志と同盟を組むことにより既にいる新世界の強者と立ち向かうための戦力を必要としているのでしょうか。
ルフィとローが海賊同盟を結んだのは建前上、そして最終的に四皇カイドウを四皇から引きずり下ろすことでした。

回3
初めローがルフィにその話を持ちかけた時にはカイドウとつながるドフラミンゴを倒し、恩人の無念を晴らすことの方が第一目標だったようですが、ルフィがドフラミンゴを倒したことにより、当初の同盟の目的通りカイドウを倒すため引き続き同盟は続いています。

ではキッドたちは海賊同盟を結んだ目的はというと、四皇「赤髪のシャンクス」です。
シャンクスといえばルフィの恩人である海賊であり、その強さは王下七武海のミホークや白ひげ海賊団、さらには海軍にまで名が通るほどの海賊団です。
そんな同盟を組み、集まっているキッド海賊団アジトにとんでもないものが降ってきました。

四皇の一人 「赤髪のシャンクス」
赤髪海賊団大頭。 四皇の1人にあげられています。

趣味は自殺「百獣のカイドウ」

回2

「男は死に場所を探していた」
「海賊として7度の敗北を喫し、海軍又は敵船に捕まること18回」
「拷問に次ぐ拷問を受け罪人として生きてきた」
「世に珍しき空島からの自殺」
「もう一度言うが、彼が一人で海軍及び四皇に挑み捕まること18回、1000度を超える拷問、40回の死刑宣告」
「時に首を吊られるも鎖はちぎれ、時にギロチンにかけられるもその刃は砕け、串刺しにするも槍は折れ、結果沈めた巨大監獄戦の数は9隻」

「つまり誰も彼を殺せなかった」

「一対一でやるならカイドウだろう。口々に人は言う」

「陸海空、生きとし生けるものたちの中で、最強の生物と呼ばれる海賊」

百獣のカイドウ

伝説の空島は高度約10000メートルもの上空に位置し、そこの空島「廃墟バロンターミナル」から落下したのです。
誰かに突き落とされたわけではなく、自ら飛び降りたのです。
そしてその落ちた先がキッド海賊団のアジトでした。
上空10000メートルから落ちたにもかかわらずほぼ無傷で立ち上がったカイドウ。
その前にはキッド、アプー、ホーキンスたちがいます。
彼らはどうなってしまったのでしょうか。

回7




Sponsored Link

世界最高の戦争

「最後の戦闘準備を整えろ!こんな退屈な世界壊れてもいい!世界最高の戦争を始めようぜ!」
カイドウが宣言した言葉です。
この言葉がまさにカイドウの生きる目的なのでしょうか。
ドフラミンゴとの闇取引で大量に人造悪魔の実で戦力を増やし、参加にこれもまた最悪の世代の「ドレーク」もいるようです。

最悪の世代 赤旗のドレークの過去と四皇カイドウの傘下に
Xドレークが四皇カイドウの傘下に 超新星、最悪の世代の1人であるXドレーク。 彼がカイドウの傘下に加わったようです。

さらにゾウを襲撃しているカイドウの腹心「早害のジャック」といった戦力を持っています。

旱害のジャックの正体はモーガン!?首領クリーク!?

この言葉だけ考えるとカイドウの狙いはワンピースというよりも世界を滅茶苦茶にすることのように聞こえます。
ワンピースがあると言われるグランドライン最果ての地へとつながる「ロードポーネグリフ」を所有しいるのも世界の全てを壊すためなのか、それともそれを持つことにより強者を引き寄せようとしているのでしょうか。
そんなカイドウの前にキッドたちはどうなったのか。
単純に考えると戦闘の何の準備もできていなかったところにいきなりカイドウがきたわけなので、キッドたちは不意を突かれた感じです。
しかし相手はカイドウただ一人。
戦力的にはキッドたちの方が多いのでしょうが、相手は四皇カイドウ。
簡単に勝てる相手ではないでしょう。
ドレークのようにカイドウの傘下に収まってしまったことも充分に考えられます。

果たして、戦ったのか、それとも…

まとめ

今後カイドウとルフィらが立ち向かう時に、果たしてキッドたち海賊同盟を結んだ彼らは果たして敵として、もしくは味方して出てくるのでしょうか。
それともカイドウにやられてしまったのかもしれません。
今後の展開が楽しみです。
回9

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする