少年ジャンプ2016年24号 あらすじ ネタバレ2

少年ジャンプ2016年24号のあらすじ、ネタバレまとめです。

少年ジャンプ2016年24号 あらすじ ネタバレ1
少年ジャンプ2016年24号のあらすじ、ネタバレです。
Sponsored Link

HUNTER×HUNTER
No.353 「冷徹」
能力で大勢の観客を操り、自身は身を隠しながらヒソカを攻撃するクロロ。
「神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)のページを開く
        ↓
「栞で固定」
        ↓
「大量にコピー製造」
        ↓
「人間の証明(オーダースタンプ)発動」
        ↓
「ヒソカを壊せと命令」
これにより人間を操ることができるクロロの能力は、大勢の観客を操りヒソカをおそわせることができた。
相手にする人数が多すぎ、操られた観客を相手にしていると、死角から攻撃を繰り出し、ヒソカにダメージを与え、また身を隠すヒットアンドアウェイを繰り返すクロロ。
それに対しヒソカは動きを読まれてることを利用して自分の能力で起死回生を狙う。
簡単にはやられないヒソカ。
はたして決着の行くへは…

ニセコイ
第217話 「キマッタ」
楽の母親に会い、絵本のことをきいた地棘は思い出の場所へと行くことを決意する。
自分の目で真実を知るために。
日本に戻っていた楽は高校生活最後の夏休みを送っていた。
しかしちとげのこともあり元気の出ない楽。
しかし色々と考えていて、ようやく自分の中での答に気づく。
「ようやく答えがでたよ。おれがこの先どっちと一緒にいたいのか」
その答えが見つかり、まずは離れてしまっている地棘をなんとかしようとすることに。
そんな時地棘の母親から地棘の居場所について電話が。
天駒高原。
そこは楽たちが小さいころに出会って約束したという思い出の場所であった。
すぐに小野寺らに連絡をいれそこへと向かうことに。
12年の時を経て、運命が再びこの地に集束する。




Sponsored Link

たくあんとバツの日常閻魔帳
第1項 「日常」
今号より連載が始まった新連載のたくあんとバツの日常閻魔帳。
たくあんこと、九十九多九郎(つくもたくろう)は平凡な日常を望む高校生。
そんなたくあんの元に非日常が訪れる。
そこに現れたのは閻魔大王の娘であるバツだった。
閻魔大王の娘として秩序と均等を重んじるバツは、最近人間を襲っているという蛙男という地獄の鬼ノ怪(もののけ)を裁くために地獄よりやってきた。
そんなたくあんとバツの目の前に蛙男が人間を襲っている場面に出くわす。
閻魔の力で蛙男に迫るバツだがあと一歩のところで蛙男に逃げられてしまう。
たくあんに蛙男の追跡を一緒に行うよう依頼し、逃げた蛙男を追うが、結局その時は見つけることができず、バツは地獄へ戻ることに。
しかし、たくあんは何かを手がかりに蛙男の正体に気づく。
一人廃墟ビルへと出向くと、そこには人間の姿を持った蛙男が。
蛙男は正体を見破られたたくあんを殺害しようとするが、たくあんには秘密が…
たくあんの正体は鬼の姿を持つものであった。
たくあんは幼い頃たった一人の家族であった母親が殺された。
日常を壊した犯人への復讐を望んだ時に、たくあんは鬼に取り憑かれてしまっていたのだ。
たくあんは日常を守るために、バツは秩序を守るために手を組むことに。
蛙男を無事討伐したたくあんはまた普段の日常へ戻ることに。
これからも日常を守るために取り憑かれた鬼と向き合っていくこととなる。

まとめ

新連載たくあんとバツの日常閻魔帳が始まりこれからの物語が楽しみです。
今回はワンピースは休載でしたが次号はいよいよサンジとビッグマムが顔を合わせることになるのでしょうか。
展開が楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする