少年ジャンプ2016年20号 あらすじ ネタバレ 2

週刊少年ジャンプ2016年20号の簡単なあらすじとネタバレです。
これから読み始めたばかりの漫画も多いので詳しくはわからないこともありますが何回かに分けてまとめました。

Sponsored Link

週刊少年ジャンプ2016年20号

HUNTER×HUNTER
No.350「王子」
6人の王子が警護を求めてハンターに依頼が来ている。
クラピカはこの中に標的である「第4王子 ツェリードニヒ」につながる可能性があればと考えている。
その中でクラピカのプロファイリングで標的に最も近づけるのはハルケンブルグ王子だと確信しており、今回の依頼主でハルケンブルグではないかと思われる依頼を引き受けることに。
いざ、依頼主に会いに行くと、そこにはハルケンブルグではなく、第14王子「ワブル」だった。
今回の渡航は王子が残り一人になるまでの殺し合いの旅とのこと。
ワブルの母親はもしこの依頼を受けてもらえるなら10倍の報酬を払うと話す。
ここまでするのは可愛い我が子のことを考えてのことだった。
クラピカは逆に条件を出し、その条件をのむなら全力で警護することを約束。
これにより王の警護を任されることに。

ゆらぎ荘の幽奈さん
第11話「修羅場の呑子さん」
コガラシと幽奈が帰宅すると、昼間から酔っ払ったお風呂上がりの呑子さんが。
そこに一人の女性が焦った様子で現れます。
この女性はどうやら漫画家の担当編集さん。
どうやら呑子さんは売れっ子の漫画家で、今月の原稿が上がってなかったようです。
酔っ払いながらもようやく作業に取り掛かるも、詰まってしまい、コガラシに男女の絡みのシーンの資料写真を撮らせて欲しいと。
いつもらがらエッチな絡みになりつつも資料写真を撮り終え、徹夜で無事原稿も完成したようです。




Sponsored Link

トリコ
グルメ367「あの涙は!!」
師弟会戦。
二狼とアカシアの対決。
二狼が優勢の展開になっている時にアカシアに「フローゼ様が死んだ時の涙は本物か」
真実かどうか問いかける。
絶命のアカシアかと思いきや自由に使えた「口」からのダメージノッキング解除。
今までの体に蓄積された一生分のダメージが解除され、形勢は逆転。
あの頃の涙は虚偽だというアカシア。
そして三虎の決着の行方は!?

銀魂
第五百八十四訓「最強」
星海坊主に向かっていく神威だったが、そこに現れたのは銀時、そして新八。
「何しに来た」と神威。
「血なんか繋がってないが、同じ屋根の下過ごした万事屋だ」と銀時。
神楽のために現れ、神威に対し説得をするも神威は聞き入れない。
「どちらかが倒れるまで俺たちは終われないんだ」
最強という肩書きを欲する神威にそこで銀時が
「最強の座は俺が引き継いだ。全部ぶつけてみろ」
襲いかかる神威に対し、全力で応える銀時。
譲れない思いがぶつかり合う。

ニセコイ

第214話
終業式のために体育館へ移動している中、小野寺が楽を誘い屋上へ。
終業式をサボり楽を誘ったのは二人きりで話したいことがあったため。
その話したいこととはいなくなってしまった「千棘」のことだった。
千棘と中の良かった小野寺は楽になんで千棘がいなくなったか相談したかったようです。
しかし楽から話を聞いていると千棘の好きな人は楽のことなのではと気づく。
その時楽の携帯に千棘の父親から連絡が…。
電話の内容は千棘の居所についてであり、今彼女がいる場所を聞いた楽が起こした行動は…
千棘は小野寺と楽が好き同士なのではと思っており、母親を頼りにアメリカへ来ていた。
もう元のように学校へ通うことはできないと考える彼女の前に楽と小野寺が現れる。

まとめ

次号の少年ジャンプ21・22号ではNARUTO外伝が特別読切として掲載。

HUNTER×HUNTERも連載再開でさらに楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする