メロメロの「海賊女帝 ボア・ハンコック」

王下七武海の一人で「海賊女帝」の異名を持つ女海賊で世界屈指の美女と言われています。
男子禁制の女ヶ島「アマゾン・リリー」皇帝にして、九蛇海賊団船長です。

ハン3

Sponsored Link

王下七武海バーソロミュー・くまにより島に飛ばされたルフィに出会い、自分の魅力にメロメロにならないルフィを他の男たちとの違いに困惑し、さらにルフィは自分のことよりも他人、恩人を大切にする、天竜人に手を挙げたことなどハンコックが考えている男性像とまったく違う性格を見せられてから惚れてしまい、ルフィが兄エースが収監されているインペルダウンに送り込む手助けをし 、マリンフォード頂上決戦では七武海として罪人ポートガス・D・エースを救い出そうと進撃してきた白ひげ海賊団を相手に戦ったが、この時、味方の海軍の巻き添えもいとわない攻撃をしたり、ルフィを狙うスモーカーやパシフィスタの邪魔をするなどルフィの手助けをしました。

ハン6

美しい海賊女帝 ボア・ハンコック

アマゾン・リリーの女帝であるがゆえ超が付くほどのわがまま。
「見下しすぎのポーズ」が彼女の代名詞です。
妹のボア・サンダーソニアとボア・マリーゴールドたちからも「性格は最悪」と言われる程だが、それは過去に彼女が妹たち共々奴隷として売り飛ばされた事に起因しており、「もう誰にも支配されたくない」という思いからそうした態度に出ているのだと言われます。

ハン12
天竜人の奴隷とされていたことから男を嫌い蔑むようになり、天竜人の奴隷時代に体に消えない刻印をつけられてしまい、そのことを他の人間には知られることを極度に恐れています。

ハン14

ハン2




Sponsored Link

しかしルフィの前では一転して恥ずかしがり屋の純情な乙女に変貌します。
また奴隷から解放される際にゴール・D・ロジャーのロジャー海賊団の副船長だった「冥王レイリー」に救われ、彼のことは男とはいえその恩をしっかりと感じているようです。

メロメロの実の能力者

老若男女問わず、己の魅力に虜にさせてしまう能力で、相手をメロメロにさせて石化させてしまうことができる能力です。

ハン10
さらに能力を帯びさせた回し蹴りやハート形の弾丸や弓矢なども石化効果や殺傷効果があり、彼女が潜在的に持っている覇王色の覇気の力非常に強力な能力となっています。
メロメロの実の能力は彼女の魅力に酔わない者にはメロメロ攻撃に起因する石化攻撃は効かないという弱点があります。
石化はハンコックの意思で解除することができ、石化される前後の記憶が若干飛ぶものの、それ以外の影響は残さないようです。

まとめ

今なお王下七武海の一人であるハンコック。
流動的に入れ替わる王下七武海ですが、まだまだキーになりそうな人物も多く残っていますし、今後の展開でもハンコックが王下七武海の一人として物語に出てくることはあると思います。

もしくはルフィを救うために同盟、傘下に加わるかもしれませんね。
ハンコックがルフィを想う気持ちでこの先現れるのを楽しみにしたいと思います。

 

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする