ワンピース考察 眼帯の海賊「ルフィが眼帯をつけるとき」

ワンピースの原作者である尾田先生が語っていた海賊の眼帯について語っていました。
世間一般で言う海賊のイメージの中で眼帯をしているというイメージがあることへの発言ですが、ワンピースではまだ眼帯をしている海賊が出てきていません。
あえて眼帯の海賊を描いていないのは尾田先生のささやかな裏ポリシーとのことです。

Sponsored Link

眼帯への想い

ONE PIECEには実は今まで本編においてたった1人も眼帯の海賊が登場してないんです!!
うん、どうでもいいでしょうが。
実はこれが僕のささやかな裏ポリシーです。
何も海賊がみんな眼帯しているわけじゃないんだぞ!!
眼帯使わなくても海賊は書けるんだぞ!
こんな気持ちで見た目何でもないただの少年の海洋冒険は始まりました。
みんなの頭に固まった海賊のイメージがあるのなら僕は少年がそこへ行きつくプロセスを描いてやろうと思ったわけです。
とはいえ別に僕が眼帯キライというわけじゃないので、ONE PIECEという大きな物語の終盤、
一度だけまさに”眼帯の海賊”が登場します。
早くそいつを描きたくてウズウズしてます。
ワンピーす
この直筆のメッセージから、物語の最後の方で誰かしらが眼帯を付けて登場することになるのでしょう。
今でこそワンピースの影響力は凄まじく、海賊のイメージというものが変わってきているかもしれませんが、以前は海賊といえば、黒ひげが被っているような帽子をかぶり、眼帯をしている、そしてドクロをシンボルとして海賊旗に掲げているイメージでした。

ワンピ2




Sponsored Link

眼帯のルフィ

尾田先生のこの発言を受けて、インターネット上ではルフィが最後につけるのではないかと騒がれています。
その理由とは黒ひげによりルフィの目が傷つけられてしまうのではないかと言われているのです。
物語のクライマックスは麦わらの一味と黒ひげ海賊団がぶつかり、ルフィと黒ひげが対決することになるでしょう。
その時に黒ひげの一撃により、もしくは誰かをかばって、油断していたうちになどでルフィの目は傷つけられ、なくなってしまいその傷を隠すために「眼帯のルフィ」となり、尾田先生の話す眼帯の海賊となるのではと言われています。

なかでもかつてルフィが海の主に襲われ、その時にシャンクスがルフィを助け、片腕を失ってしまったシャンクス。そのシャンクスが黒ひげがぶつかっている時にルフィがシャンクスをかばい、黒ひげの一打により目を傷つけられてしまうのではと言われています。
その後ルフィが黒ひげを倒すことにより、まさに海賊の象徴のイメージがある眼帯を巻いた海賊として海賊王になるのかもしれません。

ワンピ5

眼帯の海賊

ではルフィ以外に眼帯を付けた海賊になりそうな他の他の人物を幾つか考えてみました。
■シャンクス
■サンジ
■サボ(海賊ではないですが)
■ミホーク
■黒ひげ
■レイリー
■バギー
■ロー

今の所思いつくのはこんな感じですが、もちろん今まだ出てきていない新しい人物かもしれません。

個人的に一番眼帯が似合いそうなのは黒ひげで、あとはバギーとかもありえたら面白いなと思います。

まとめ

海賊のイメージをあえて描かずに、それでも最後には象徴、シンボルとして最後には登場させたいという尾田先生の発言からのまとめでしたが、尾田先生が早く描きたくてウズウズしているとのことなのでよっぽどの人物ではないかと思われますね。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする