ワンピースのマスコット 「トニートニーチョッパー」

麦わらの一味の船医であるチョッパー。
グランドラインのドラム島出身。
ルフィの5人目の仲間で動物系悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べた「人間トナカイ」である。
人獣型、人型、獣型に変形が可能で、ヒトヒトの実の能力により人間とも話せるようになった。

Sponsored Link

船医トニートニー・チョッパー

医者としての知識に加え動物なのでよく鼻が利いたり、動物の言語を理解でき通訳を行うなど他のメンバーには無い能力を備えている。ただ鼻が利きすぎるので香水などのキツイ匂いは苦手である。
人から褒められると照れ隠しで口が悪くなるが、嬉しさを隠すことが出来ずに踊りながら笑顔でデレデレになってしまうがそれは照れ隠しであり、見知らぬ人間相手には警戒心が強く、すぐ物陰に隠れる癖がある。

チョッパ11
元々本物の動物であるため、人間の女の色気や体には基本的に反応しないがメスの動物には反応してしまう。

チョッパー30
普段は小柄な人獣型の姿をしていて人獣型はタヌキ、人型はゴリラによく間違えられる。

ちょっぱ−15

ドルトンが「医師として最高の技術と精神を受け継いだ」と評するように、命の尊さを誰よりも理解している。
傷ついたものはたとえ海兵であっても分け 隔てなく治療する。
医師としてホグバックを尊敬していたが、彼の真の姿を目の当たりにしてからは嫌悪感を剥き出しにして痛烈に批判している。新世界編でも、シーザー が子供達に覚醒剤を投与しているのを知ると怒りを露にしていた。
Dr.ヒルルクと出会って以降、ヒルルクに医者としての心得、Dr.くれはには医学を教わり医者となり、ルフィ達の仲間に加わってからは数多の修羅場を医療技術でフォローしてくるなど仲間の危機を数多く救ってきた。




Sponsored Link

ヒトヒトの実を食べたトナカイ

青っ鼻のためにトナカイ達の間で仲間外れにされ、さらに「ヒトヒトの実」を食べて人間トナカイとなったことで、完全に仲間から追い立てられてしまい、仲間を求め人里に下りるが、人間からも「化け物」として疎まれ迫害を受け続けてきた。

ちょっぱ−13
人間から雪男と間違えられて攻撃され傷ついていたときにDr.ヒルルクに 助けられることに。
極寒の中で真裸になってまで敵意のないことを示そうとするヒルルク を見て、初めて心を開くことができ存在に出会い、そのヒルルクから「トニートニー・チョッパー」の名を与えられ、後にチョッパーのシンボルである帽子も仲直りの印としてもらった。

ちょっぱ−16
そんなヒルルクからドクロが不可能をものともし ない「信念の象徴」であることを学び海賊に憧れを抱くようになる。

ヒトヒトの実の能力を最大限に発揮

戦闘時はランブルボールを駆使する事で高い戦闘力を発揮し、自分より格上の強敵を倒してきた。
ランルブボールとはチョッパーが長年の研究で開発した、動物系悪魔の実の変形の波長を狂わせる丸薬『ランブルボール』による変身形態。

ちょっぱ−14
服用すると3分間、通常の3形態に加えてさらに4形態、合わせて七段変形を可能としている。
6時間以内に2つ服用すると薬効が重複し、変形の波長が狂い過ぎて七段変形を上手くコントロールできなくなり、思い通りの形態に変化することが難しくなる。
さらに3つ目を服用すると狂いすぎた波長により変形能力が暴走し、巨大な怪物(モンスター)に変形し理性も失ってしまう。

チョッパー34
かつては能力者が故に拒絶される事を恐れ人間になろうと もしていたが、自身を受け入れてくれたルフィの為に本当の化け物になる事を決意するようになる。

そしてシャボンディ諸島再集結した際には、麦わらの一味がバラバラに離れていた2年間でさらに改良を加えている。

チョッパー9

チョッパー10

まとめ

ワンピースのマスコット的キャラクターで可愛さの中で医者としてのスキル、そしていざという時の男気を見せるチョッパー。

嘘つきウソップの嘘が真実に!?伝説の薬とは


まだタイトルでは正式に何人目の仲間にはなれていないことを考えると今後チョッパーの医学がルフィに必要な時が来るでしょう。
その時が来るのが楽しみです。

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする