巨大な母 四皇の一人「ビッグマム」

ワンピースはゾウ編からついに四皇編へ物語は進んでいます。
サンジを連れ去った四皇のビッグマム。
まだ姿なども明らかにはされていないこの海賊はどんな人物なのか…

Sponsored Link

四皇「ビッグマム」

詳しい性格はまだ不明ですが、初登場時にお菓子の納期が遅れたため国を1つ滅ぼしてきたという部下の報告を聞いて、
「お菓子が納められないのならば殺さなくてはいけない」
という趣旨の発言をしている事から、何よりもまずお菓子を最優先する性格のようである。
その時の1人称が「おれ」であった事から非常に男勝りな性格である事も予想できる。
ジンベエいわく
「話のわかる人物とは言い難い」

マム7
実際、自身の要求を拒絶した者は絶対に許さず、自身に恥をかかせた罰として、「拒否した者の身内の誰かの首を送りつける」などというほどの恐ろしさを持つ。
これには部下であるペコムズからも恐れられている。

マム8
また大勢の娘がいるらしく、現在唯一判明しているシャーロット・プリンは、35人目の娘であり、サンジの結婚相手とされる。

ワンピース 第324話 「海賊ごっこ」 あらすじ ネタバレ
世界各国が世界会議(レヴェリー)に向け出港し始めている中、ルフィたちもサンジ奪回へ向け進む中、革命軍壊滅の記事が・・・ ワンピース第824...

ビッグマム海賊団

船長は世界の均衡を守る三大勢力の1つ四皇の一人ビッグ・マム。
拠点は新世界のホールケーキアイランド。
海賊旗は二角帽を被った強いパーマの掛かったような髑髏のバッグに銃と片方が渦巻き片方が酌のようになった棒のようなものが交差していて棒の酌のようになっている方の先には木が1本描かれている。

マム1




Sponsored Link

ビッグマムが無類の甘党のため縄張りとなった島にみかじめとして大量のお菓子を要求しており、
この要求をクリア出来なかった場合、容赦なくその島は同海賊団の攻撃を受けるとされている。
白ひげ海賊団による保護が無くなった魚人島は現在このビッグ・マム海賊団の保護下におり、元王下七武海ジンベエ率いる魚人海賊団も同海賊団の傘下となった。

 マム3
しかしジンベエは麦わらの一味の傘下に入る意向があり、ビッグマム海賊団の傘下から外れる意向である。
船員の総数など詳しい内容は不明だが手下達が船長の命令で縄張りに出向き、お菓子の徴収などを行っている模様である。
今わかっていることで戦闘員であるタマゴ男爵、ゾウ出身であるペコムズらが船員であり、「最悪の世代」の一人であるカポネ・ベッジが参加に加わっているようである。

四皇 ビッグマム海賊団 カメカメの実「ペコムズ」
ミンク族であり、ルフィたちに助けられ、これからビッグマムの元へと行くために案内人となるペコムズ。 今後ビッグマムと対面する時に彼の役割は大...

ビッグマム攻略のカギを握るのは…

逆らうものには容赦なく、また自身の好物であるお菓子を納品されないものにも容赦がない残酷な姿が垣間見えるビッグマム。
新世界に君臨する四皇であるからには相当の戦闘能力、海賊団の数などもあるのかとも思われ、簡単には攻略できる相手ではなさそうです。
しかし、ワンピースの伏線として、このビッグマムの30人以上いる子供の中の一人が、すでに麦わらの一味と出会った人物かもしれないと思われます。
それがスリラーパークで会ったナミと「マブダチ」になったローラです。
このエピソードが必ず絡んでくると予想できます。

サンジの正体は… ネタバレ
ジャンプフェスで原作者の尾田先生からなんと衝撃のコメントが! 「来年は、サンジの年です!! 彼の出生の秘密に、いよいよ踏み込む時がやって...

まとめ

サンジ奪回に向け動き出したルフィ。
戦争をするつもりでビッグマムの元へ向かっているわけではないと言っていましたが、ビッグマムはラフテルへの道標「ロードポーネグリフ」の一つを持っていますし、避けては通れない相手でしょう。
今後の展開が楽しみです。

 

Sponsored Link
★最後までご覧いただきありがとうございます!ランキングに参加中です!下のバナーをクリックしていただくとランキングをご覧いただけます★



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

シェアする

フォローする